自力で偏平足を治す方法

偏平足は土踏まずが無い足のことで、幼児の頃は土踏まずのところに
脂肪が付いている為、土踏まずがないのが一般的ですが、8歳以降になると、
土踏まずが形成されてきます。しかし8歳を過ぎても、土踏まずが形成
されないままの場合もあります。

足の裏1

偏平足は、痛みがあったり、歩行に支障が出るなどがなければ、特に
治す必要はありませんが、普通の足に比べて、足が疲れやすい、むくみやすい、
ということもあります。生活習慣の改善、ストレッチなどを行えば、自力で
治すことも可能です。

偏平足を治す方法、ストレッチ方法などについて、詳しく紹介します。

「自力で偏平足を治す方法」の続きを読む…