男性の不妊原因や検査方法、不妊に良い食べ物などのまとめ

不妊というと女性が治療を受けるもの、というイメージがあり、原因のほとんどが女性にある、と感違いしている方も多いようですが、不妊症の原因は、ほぼ半数は男性にある、と言われています。つまり、割合でみると男性と女性、半々なのです。

senaka1

男性が原因の不妊は、精子に問題がある場合と性生活に問題がある場合の、2つに大きく分けられます。

男性の不妊の原因や検査方法、また妊娠する為の生活習慣で見直すべき点などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




 

男性不妊の原因
男性が原因の不妊は、「精子に問題がある場合」と「性生活に問題あある場合」の2つに分けることができます。

精巣で精子が作られる過程に問題がある「造精機能障害」が、男性不妊の9割以上を占めています。精子の数が少なくなったり、運動率が悪くなったりしますが、重症の場合だと、精子がまったく作られないこともあります。精子が作られていても、精子を運ぶ道(精路)に問題があると、精液に精子がいない状態になります。

性生活に問題がある場合は、器質的、心因性の2種類があり、心因性の場合は、カウンセリングで根本的な原因を取り去るなど、心理療法が必要になります。

男性不妊の検査は何科を受診する?
男性が不妊症かどうかを調べる場合は、奥さんと一緒に産婦人科の不妊外来を受診するか、泌尿器科を受診します。

男性の不妊検査、どんな検査が行われる?

・精液検査
不妊検査の中で、最も基本となる検査で、クリニックで採った精液を顕微鏡で観察して、精子濃度、運動率を調べます。クリニックで精子を採ることに抵抗がある場合は、自宅から持参してもかまいませんが、検査の2時間以内のものに限られます。

・視診、触診
精巣の大きさを計測したり、触診により精索静脈瘤などの有無を確認する他、肛門からの触診による前立腺の腫大の有無の確認をする場合もあります。その他に、サーモグラフィで精巣の温度が高くなっていないかを調べて、精索静脈瘤の有無を調べることもあります。

・ホルモン検査
血液中のホルモン検査を行います。精液所見が悪い場合、これらのホルモン値からその原因を推測することが可能です。

・精巣生検
無精子症の場合に行われる精巣の組織検査で、精巣内精子抽出法などと合わせて行うことが多くなっています。その祭、精子があれば抽出して、凍結保存の上、顕微授精に使われます。

・染色体検査、遺伝子検査
無精子症や重症の欠精子症の場合、血液を採取して染色体検査や遺伝子検査を行うことがあります。

病院2

男性の不妊原因になるもの

・成人後におたふくかぜにかかった
思春期を過ぎてからおたふくかぜに感染した男性の、約30%に精巣が大きく腫れて激しく痛む急性精巣炎の症状が現れます。症状そのものは1~2週間程度で治まりますが、その後遺症で、無精子症や乏精子症になることがあります。

・生殖器に炎症などを起こしたことがある
おたふくかぜの他にも、結核菌や淋菌、クラミジアなどの細菌に侵されて副睾丸や精管に炎症が生じた場合にも、治った後に精子の通過障害が起こって、不妊症の原因となることもあります。

精嚢や前立腺の炎症も、精巣で精子が作られているのに精液が出ない無精液症になったり、精子が死滅したりする原因にもなります。

医者2

不妊にならない為に、日常生活で気を付けるべきこと

精子の減少や運動率の低下を引き起こす原因となるものは、なるべく排除するよう心がける必要があります。

・ヘビースモーカー
・長期間に渡る睡眠不足
・肉体的疲労
・ストレス
・風邪、インフルエンザなどによる高熱
・高血圧などの生活習慣病
・お酒の飲みすぎ
・潰瘍性大腸炎の薬などの服用

妊娠しやすくなる食べ物

女性は、妊娠しやすい体つくりの為に、食生活にも気をつけましょう、と言われますが、男性も、精子の質を向上させる食べ物を積極的に摂るべきです。

精子の質を向上させたり、精子の運動率を上げる食べ物には、以下の食品を意識して摂るようにします。

アーモンド、ナッツ類、かぼちゃ、ホウレン草、アボカド、大豆油、ごま油、コーン油、タラコ、ウナギ、カツオ、サンマ、玄米、胚芽米、牡蠣、ホヤ、カニ、シャコ、ハマグリ、豚レバー、牛肉、卵黄、チーズ、コンビーフ、ビーフジャーキー、ココア、松の実、ごまなど

妊婦1

女性の年齢が高くなるにつれて、妊娠できる可能性が低くなります。長い間夫婦生活があるのに妊娠しない、という場合は、あまりのんびり構えず、まずは夫婦で不妊外来を受診してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク