インフルエンザと風邪の症状の違いや潜伏期間、予防接種についてのまとめ

ここ数年、毎年冬になると大流行するのがインフルエンザですよね。急に高熱が出ると「インフルエンザかも?!」と疑う方も多いと思います。

風邪1

ここでは、インフルエンザと風邪の症状の違いについて詳しくまとめました。さらにインフルエンザの感染経路や潜伏期間、予防接種などについても説明しています。ぜひ参考になさって下さい。


スポンサーリンク




インフルエンザと風邪の症状の違い

インフルエンザと風邪で大きく違うのは発熱です。風邪の場合だと、37度台が多いのに対し、インフルエンザは38度以上になることが多い為、高熱が出たら、まずはインフルエンザを疑います。

その他の症状ですが、インフルエンザは悪寒(寒け)や頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状も多めにでることが多く、咳も強く出ることが多いです。つまりは、すべての症状において、インフルエンザの方が風邪より強くでる、ということです。

インフルエンザは突然38度以上の高熱が出て、その他の強い全身症状が現れるのに対し、風邪は徐々に熱が上がり、その他の全身症状が出てくるなど、発病もゆるやかです。

 

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザは1~3日の潜伏期間を経て発病します。インフルエンザに感染すると、本人にまだ症状がない場合でも、潜伏期間中に他の人に感染することもあり、症状が改善した後でもウイルスがまだ残っていると、周りに感染します。

インフルエンザに感染した人が周りの人へ感染させる期間は、潜伏期も含め、ウイルスが増殖している期間で、ウイルスの増殖が続く期間は、人によって異なり、一般的には、成人より子どもがウイルスが長く残ります。

インフルエンザに感染して48時間以内に治療を始めた場合は、一般の成人なら5日目にはほとんどウイルスが陰性化していると言われています。

ウイルスの感染経路

インフルエンザウイルスは、人から人へ、飛沫を介して感染します。飛沫とは、咳やくしゃみをした時に放出されるウイルスを含んだ粒子のことです。

子ども風邪1

インフルエンザの治療法

インフルエンザ治療は、感染してから48時間以内に始めることが重要です。抗インフルエンザ薬は、症状が出始めて48時間以上経過してから使用を開始しても、有効性がはっきりしていない、と言われています。その為、インフルエンザが疑われる場合は、ただちに病院へ行くようにしましょう。

病院で診察を受けてインフルエンザを診断された場合は、抗インフルエンザ薬が処方されます。48時間以内に薬の服用を開始すると、解熱までの時間は、A型で約20~30時間(約1日)、B型で30~40数時間(約1.5~2日)程度と言われています。熱が下がっても、発熱以外の症状はしばらく続くことがあります。

薬1

インフルエンザ予防接種はいつから受ける?

インフルエンザに感染しない為には、予防接種を受ける必要があります。ただ予防接種を受けると完全に予防できる訳ではなく、予防接種を受けていても感染することがありますが、感染したとしても軽症で済む、と言われています。あくまでも、予防する為ではなく、重症化を防ぐ為、という認識です。

ワクチン接種は、生後6ヵ月から可能で、接種回数は13歳までは2回接種13歳以上は1回、あるいは2回接種が推奨されています。ワクチンを接種しても、上昇した血清中の抗体は、1年以上は持続しない為、毎年接種する必要があります。

ワクチンを接種しても、抗体が生じるまでに3週間位かかる為、2回接種する場合は、1回目を10月、2回目を11月に接種するのが望ましい、と言われています。

インフルエンザワクチンの副反応

インフルエンザワクチンで見られる副反応としては、軽度の発熱、注射部位の赤斑、腫腫などがありますが、いずれも軽度で済むと言われています。

体調不良1

毎年冬になると大流行するインフルエンザ、感染しない為には自己防衛が大切です。外出する際にはマスクを着用し、帰ってきたらしっかりうがい、手洗いをすることで、インフルエンザ感染リスクが減らせます。心配な方は予防接種を・・・。

スポンサーリンク