日本人なら知っておきたい、お正月飾りの意味、飾り方を紹介

お正月になると門松や注連飾り(しめかざり)、鏡餅を飾ったりするなど、昔からのしきたりがありますが、それぞれに込められている意味をご存知ですか?

門松2

日本人なら知っておくべき、正月飾りの意味や飾る時期、いつまで飾るのか?などを詳しく紹介します。


スポンサーリンク




門松

新年を司る年神様は、家々に降りて、新しい年の幸運を授けてくれると言われています。門松は、その年神様が最初に降りてくるところで依代(よりしろ)と呼ばれています。

降臨の目印として木を立てたのが始まりと言われ、かつては様々な常緑黄が用いられていました。主に松が用いられるようになったのは平安時代頃からです。待つと同音の松は神を待つ木でもあり、その松に、長寿の縁起物として竹が加わり、鎌倉時代に現在の形になったと言われています。

正式の門松は、竹を3本束ねてまわりに松を添え、むしろで包んで3箇所を荒縄で結んだものです。(縄は下から七巻き、五巻き、三巻き)これを左右一対にして、門前や玄関先に立てるのが本式で、玄関に向かって左側の門松を「雄松」、右側を「雌松」と呼びます。

門松を立てる時期はは12月27日か28日が最適で、29日は「苦立て」(くだて)、二重苦に語呂合わせからつながることから避けるべきとされています。

また、大晦日の31日は「一夜飾り」と言われてて、この日に飾るのもよくないとされています。年神様を迎える準備を前日にするなんて失礼にあたる、という理由や、葬儀の飾りが一夜限りであることから、縁起がよくない、という理由で、29日、31日に飾るのは忌み嫌われます。

門松を飾る時期は、一般的には松の内の1月7日までですが、地域によっては小正月の1月15日や、二十日正月の1月20日まで、という地域もあります。

 

注連飾り(しめかざり)

注連飾りは、新穀のわらで編んだ注連縄に橙などの縁起物を飾り付けたものです。神社の注連縄同様、神域と俗世を隔てる結界の意味があり、邪気や穢れの侵入を防ぐ役割も果たしています。

注連飾りを飾る時期は、12月27日、28日頃で、大掃除を済ませてから、玄関の軒下などに飾ります。注連飾りを施すことで、その内側は神聖な場所となり、年神様が安心して降りてきてくれます。

注連飾りを飾っておく時期は門松と同じで、一般的には松の内と呼ばれる1月7日までで、地域によって、1月15日、1月20日までのところもあります。

※松の内とは?
門松を飾っておく期間のことを「松の内」と言います。地方によって異なりますが、一般的には1月7日までを松の内といいます。
門松を飾っている期間が年神様がいらっしゃる時期で、つまりお正月のことを言います。お正月が明けて日常に戻ることを「松の内が明ける」「松が明ける」という言い方をします。

※正月飾りの処分の方法
門松、注連飾りは松の内の終わり頃にはずし、燃やすのが習わしでしたが、最近は自宅でゴミを燃やすことが難しい為、神社に持って行くか、ゴミの回収に出します。ゴミに出す場合は、他のゴミとは一緒にせず、清めの塩をふり、外から見えないように紙で包んで出すようにします。

門松

鏡餅

鏡もちは、年神様へのお供え物です。古くからお餅は神聖な食べ物とされていましたが、人の魂を模したことから丸い形になり、月(陰)と日(陽)を表す大小二つを重ねて福徳を重ねると言います。

一般的な飾り方は、三方と呼ばれるお供え用の台に白い半紙か四方紅、裏白を敷いて大小の餅をのせて、昆布や御幣、串柿、橙などを飾ります。

葉の裏側が白い裏白は、清廉潔白の意味があり、白髪になるまでの長寿の願いも込められています。昆布はよろこぶに通じる縁起物で夷布(えびすめ)とも呼ばれ、七福神の恵比寿にかけて福が授かるといった意味もあります。

串柿の柿は、「嘉来=喜びが来る」という意味があります。串柿は外側に2個ずつ、内側に6個を刺して「外はにこにこ、中(仲)むつまじく」と縁起をかついでいます。

橙は、代々家が続くことを願っての縁起物です。御幣は、紅白の紙を稲妻状に折ったもので、赤い色には魔除けの意味があります。白一色のものは、紙垂(しで)と言い、こちらには、四方に大きく手を広げて繁栄する、という意味があります。

鏡餅は家の中の何カ所に飾りますが、

・玄関、床の間 ・・・ 一番大きなもの
・仏壇、神棚  ・・・ 二番目に大きなもの
・台所、各部屋 ・・・ 小さなもの

が一般的な飾り方です。

飾る時期は、門松、注連飾りと同じで12月27日、28日頃が最適です。鏡開きの1月11日まで飾りますが、地域によって鏡開きの日は異なり、京都は1月4日と早く、関西の中には1月15日、20日を鏡開きの日、としている地域もあります。

鏡餅1

お正月の飾りは、年神様を迎え入れ、新しい年が幸多い年でありますように、と願いを込めて行うものです。古くから日本で受け継がれている風習なので、次の世代に伝えていけるよう、意味をしっかり理解しておきたいものですよね。

 

スポンサーリンク