認定こども園とは?保育料や種類などを詳しく説明

認定こども園は、幼保一体化の流れの中で、2006年に作られた新しい制度です。

幸せな親子1

認定こども園について、保育料や種類などをわかりやすくまとめました。


スポンサーリンク




認定こども園とは

幼稚園、保育園を合わせた制度のことです。幼稚園と保育園(保育所)は、就学前の子どもの育ちを支える施設であることに変わりはありません。似ているのであれば、幼稚園と保育園の制度を一体化させる事で、待機児童問題対策になるとして、2006年に認定こども園の制度が作られました。

幼稚園や認定保育園に比べると、数はまだ少ないですが、地域によっては幼稚園、認可保育園からの移行が進み、今後は増えてくるのでは、と言われています。

認定こども園の保育料

市区町村ごとに決められた保育料で、認可保育園と同じ料金です。所得によって異なり、さらにきょうだいがいると減免されます。

認定こども園の対象年齢

働いていない家庭の3歳以上児と、働いている家庭の0歳~就学前の子ども。

認定こども園の種類

認定こども園は、4つの型に分けられていて、型によって基準が異なります。

●幼保連携型
制度的に教育機関、児童福祉施設の両方に位置づけられたもので、施設や人員基準なども、幼稚園、認可保育園を下回らないように設定されています。幼保連携型認定こども園は、公立、学校法人立、社会福祉法人立に設置者が限定されていて、営利企業等は設置できないことになっています。

●幼稚園型
幼稚園型は、幼稚園認可のみを受けている認定こども園です。地域、施設によっては調理室を義務づけていなかったり、開所時間が週6日、11時間よりも少ない場合もあります。この型は、公立、学校法人立のみです。

●保育所型
保育所(認可保育園)認可のみを受けている認定こども園です。認可保育園や幼保園、幼保連携型認定こども園と同様に、開所時間は最低でも週6日、11時間が義務づけられています。園庭がなく近くの公園で代替えしている企業立の園もあります。

●地方裁量型
面積や調理室の基準などに、自治体の裁量による部分が多い型です。認可外からの移行が多いです。

幼稚園1

認定こども園のメリット

・保護者の働き方に変化があっても、子どもが転園しなくて済む

(例1)3号で入園した子どもが3歳以上になってから、保護者が仕事をやめて1号認定になったとしても、引き続き同じ園に在籍できる
(例2)1号認定で入園した3歳以上児が、保護者が再就職して2号認定になった場合も、同じ園で夕方までの保育を受けることができる

・保育料が認可保育園と同じで、経済的負担が減らせる
・保護者が働いている家庭や、働いていない家庭との交流ができる

認定こども園のデメリット、問題点

認定こども園に通わせている保護者の体験談、口コミをチェックすると、圧倒的に就労家庭からの不満が多いようです。つまり、長時間利用する保育園としての利用を目的としている家庭です。

主な不満は、

・保護者が参加する園行事などが平日に多い
・短時間保育の子どもが帰った後の保育内容が充実していない
・在宅子育て家庭と、就労家庭の保護者間でもめごとが多い

などです。

特に幼稚園型の認定こども園だと、このような不満が出がちです。

園を選ぶ時のポイント

園を選ぶ時は、まずは家庭の条件に合うかどうかがポイントになります。保育時間が働く時間に合っているか、延長保育はあるか、通園に無理はないか、などの条件をまずはチェックしてみます。

条件に合うところをいくつか選び、実際に見学に行ってみましょう。今の時代、入園前の園見学は常識となっています。見学する際には、まずはアポイントを取ってから見学に行きます。実際に保育している様子を見る必要があるので、子どもがいない時間にいって、教室や施設などを見るだけでは意味がありません。

中には、実際の保育現場を見せずに応接室などに通され、パンフレットのみで説明を行う、という施設もあるようです。

どのように保育士が子どもに接しているか、預けられている子どもの様子はどうか、などをしっかりチェックします。

認可なら見学しなくても安心、という考えは禁物です。認可でも認可外でも、入園前に見学を済まし、納得してから入園させるようにしましょう。

子ども1

実際に通わせる園は、資料だけでは判断することができないので、園見学に行き、実際に通っている人のクチコミを集めるなどして、多くの情報を集め、慎重に選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク