シワ改善に効果はある?ボトックス(ボツリヌス)注射の効果や副作用、料金などのまとめ

ボトックス注射は、主に顔の表情ジワの改善効果が期待できる美容整形です。

注射3

注射を1回打つだけでシワ、たるみが改善し、若々しい印象を取り戻すことができ、簡単、手軽に行えるプチ整形として高い人気を集めています。

ボトックス注射(ボツリヌス)注射について詳しくまとめました。


スポンサーリンク




ボトックス注射とは?

ボトックス注射はボツリヌス注射とも呼ばれるもので、ボツリヌス菌という菌が生み出す成分を表情筋に注射すると、筋肉が麻痺して動かなくなる為、シワが消える、という治療法です。

ボツリヌス菌は、神経と筋肉の接合部で受け渡しされるアセチルコリンの放出を阻害することで、筋肉を動かさなくさせて麻痺させる成分です。

ボツリヌス菌は、他の体の部分に副作用が出たり、アレルギーを起こすこともない、安全なものです。

ボトックス注射が効果的な場所、効果持続期間

ボトックス注射は、顔のすべてのシワに効果的な訳ではなく、適しているシワがあります。主に額にできる横ジワ、眉間にできる縦ジワ、目尻のシワに効果的です。

効果は個人差はありますが、4~6ヵ月程度です。また、効果は注射を打ってすぐに現れるものではなく、4~5日経過してから効果が現れます。

表情筋の動くツボに少量ずつ注入していくので、ヒアルロン酸、コラーゲン注入に比べると痛みは軽い、と言われています。

スキンケア6

ボトックス注射の料金

ボトックス注射は当然保険治療ではないので保険は適用されません。その為、クリニックごとに設定された料金になりますが、平均して1カ所当たり約5万円が相場、と言われています。安いものだと3万円~のもあります。価格が大幅に違うのは、使用する薬剤によります。

ボトックス注射の副作用

ボトックス注射は体の他の部分に対して副作用はありませんが、打つ場所によっては注意が必要です。

眉毛のすぐ近くに打つと、眉が下がってへの字になったり、上まぶたが重くなり、頭痛を起こす、などのトラブルを招きます。眉間へ打つと、眉が極端に拳上することがあります。

適切な箇所に、適切な量を打つことが重要なので、信頼できる美容皮膚クリニックで治療を受けるようにしましょう。正しく打てば、問題は起こりません。

ほうれい線にはコラーゲン、ヒアルロン酸注入

ボトックス注射が効果的なのは、眉間や額、目尻などの表情シワで、もっとも顔の印象を老けさせるほうれい線には適していません。

その為、ほうれい線を改善するには、コラーゲン注入、もしくはヒアルロン酸注入がオススメです。どちらもほうれい線のくぼんだところに注射で注入し、注入した直後から、ほうれい線のくぼみがふっくらして、ダウンタイムがなく即効性があります。特に肌が大きく腫れることはなく、メイクもすぐ可能です。効果が持続するのは4~6ヵ月程度です。

料金は、ほうれい線両側に注入した場合、コラーゲンが約5万円、ヒアルロン酸が約7万円です。

ボトックス注射よりも痛みは強いですが、基本的には麻酔は行いません。どうしても痛いのは嫌、という場合は、麻酔テープというものがあり、透明の麻酔テープを1時間ほど顔に貼っておくと、麻酔効果を得ることができます。

コラーゲン注入もヒアルロン酸注入も、どちらも効果は同じ、効果持続期間も同じで、大きく違う点は料金と、アレルギーが起こるか起こらないかです。

コラーゲンはアレルギーを起こすことがある為、事前にアレルギー検査が必要です。ヒアルロン酸注入は、アレルギーを起こすことはありません。

スキンケア4

メスを使用せず簡単、手軽にできるという点から、ボトックス注射やヒアルロン酸注入などのプチ整形が人気となっています。

ただ、顔のすべてのシワを消そう、という考えはよくありません。過度に注射を打ちすぎると、情筋が動かなくなり、無表情となり、不自然になってしまいます。あくまでも目立たないようにする、ぐらいの気持ちで治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク