更年期障害の症状や治療法、オススメ漢方薬などのまとめ

女性は閉経が近づくと、規則的に分泌されていた女性ホルモンが徐々に減少し、それにより心も体もバランスを失い、様々な不調が現れます。これが、更年期障害(症状)です。

頭痛おあばさん1

更年期障害の改善方法や、更年期に効果がある、と言われる漢方薬などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




更年期症状の原因は?

年を重ねるにつれて、徐々に月経周期が乱れて不規則になり、やがて完全になくなって閉経を迎えます。閉経の時期は人によって異なり、日本人の平均的な閉経年齢は50歳頃と言われています。閉経を挟んだ前後10年間を更年期、と呼びます。

更年期になると、個人差はありますが、のぼせや不眠、イライラ、めまいなど、あらゆる体の不調が現れます。

更年期症状の主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。閉経が近づくと、脳の視床下部からの指令を受け、規則的に分泌されていた卵巣ホルモン(エストロゲン)が卵巣機能の低下により分泌されなくなる為、エストロゲンを分泌させようと脳から卵胞刺激ホルモン(FSH)が過剰に分泌される為に起こります。

更年期で治療が必要になるケース

更年期でも個人差があり、ほとんど不快な症状、体の不調が出ない人もいれば、重い症状に悩まされる人もいます。症状が重く、日常生活に支障をきたすようになり、治療が必要な状態を更年期障害と呼びます。

更年期を迎えた女性の2~3割が更年期障害と診断されます。几帳面で完璧主義な人ほど症状が重くなる傾向にある、と言われています。更年期だから仕方ない、と我慢せず、症状が重い場合は、気軽に婦人科を受診するようにして下さい。

病院1

更年期の症状

・ホットフラッシュ
更年期の症状としてよく見られるほてり、のぼせのことです。特徴的なのが、突然顔がカーっと熱くなる症状です。大量に汗をかく人もいます。

・冷え
特に下半身の冷えや、顔はほてっているのに下半身が冷えている冷えのぼせが多いです。

・めまい、耳鳴り
フワフワ浮いているように感じるめまいを起こす人が多いと言われています。

・肩凝り、腰痛、関節痛
・動悸、息切れ
・頭痛
・皮膚の乾燥、かゆみ
・頻尿、尿漏れ
・疲労感、疲れやすい
・不眠、寝付きが悪い
・イライラ、憂鬱
・不安感、気分の落ち込み
・口の中が乾く
・物忘れ
・手足のしびれ
・食欲不振、吐き気
・便秘、下痢
・性交痛

症状の出方、強さは人それぞれです。

更年期は若くてもなる?

更年期の症状が出るのは閉経前後10年ぐらいなので、40代、50代に多いですが、20~30代の若い年代でも更年期のような症状が出る場合があります。
プチ更年期、などと呼ばれていますが、そのまま放置すると無月経の状態が続いたり、不妊症や歳をとってから骨粗鬆症になるなどの心配もあります。

20~30代で更年期のような症状が出るのは、無理なダイエット、ストレス、過労、不規則な生活などによって、自律神経のバランスが崩れることが原因と言われています。月経不順で更年期のような症状がある場合は、早めに婦人科、女性外来を受診するのがオススメです。

悩む女性1

更年期のセルフケア方法、治療法

更年期の症状は、日頃から生活習慣を見直したり、病院で治療を受けることで症状がおさまり快適に過ごせるようになります。

●生活習慣の見直し

不調を改善するには、生活習慣の見直しが基本です。食事は3食、バランスの良い食事を規則正しく摂る、ウォーキングやストレッチなど軽い運動を行う、ストレスを溜めない、などが重要です。

また、更年期にはビタミンB1、ビタミンB4、ビタミンC、ビタミンE、大豆製品に多く含まれるイソフラボンを摂るのもオススメです。

ダイエットやストレス、過労、激しい運動、喫煙などは症状を悪化させる原因になるので、このようなことは避けるようにします。

●ホルモン補充療法

病院で更年期障害の治療を受ける時は、ホルモン補充療法が行われます。減少するエストロゲンなどのホルモンを少量補って、症状を緩和させるのが目的です。この時期の不調を効果的に改善できる治療法です。

●漢方療法

漢方は体のバランスを整えて、症状を改善させる為、婦人科系の病気は得意分野です。更年期障害の改善効果が期待できる漢方薬は、

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
のぼせやほてり、便秘などの症状改善に

・加味逍遙散(かみしょうようさん)
イライラや憂鬱、めまいなど心の症状改善に

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
冷え性や体力がない、むくみやすいなどの症状改善に

などです。
漢方薬は副作用がないと言われていますが、人によって合う、合わないもある為、医師や薬剤師に相談して、自分の体質、症状に合うものを処方してもらって下さい。

医者3

更年期に起こる体の不調、心の不調は、更年期だから、と我慢する必要はありません。日常生活に支障をきたすようであれば、無理せず婦人科を受診して、治療を受けて下さい。

スポンサーリンク