女の子の初節句(桃の節句)、お祝は何をする?ひな人形は誰が買う?

生まれて初めての節句を初節句といい、女の子の場合は3月3日の桃の節句です。

ひな人形

初節句ではひな人形を飾り、お祝いの席を設けて、お祝の料理を頂くのが一般的です。桃の節句の意味や由来、お祝いの料理やひな人形などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




初節句とは?

生まれて初めての節句の事を初節句と言い、女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句をお祝いして、子どもが健やかに成長するように祈願します。

桃の節句はひな人形、端午の節句は鎧兜、鯉のぼりなどを飾り、祝い膳を囲んでお祝いします。ひな人形や鎧兜は、子どもの厄をはらうお守りでもあるので、初節句の時だけでなく、毎年飾って、子どもの成長を祈ります。

節句というのは、もとは「節供」という字があてられ、季節の節目にその季節の草花を神様に供え、神様に供えたものを家族で頂き邪気を払う行事でした。昔は親戚縁者が集まり、盛大な宴席を設ける家庭も多かったですが、ここ最近は、両親と祖父母、親しい人を招いて、お祝いの料理を頂くのが一般的です。

 ひな人形

初節句には誰を招く?

身内で祝うお祝いなので、祖父母と両親のみで、普段、あまり付き合いのない親戚を呼ぶ必要はありません。

ただ、初節句のお祝いを頂いた場合は、その人たちもお祝いの席に招待します。

桃の節句の由来

桃の節句は上巳(じょうし)の節句と呼ばれる五節句のひとつです。上巳(じょうし)とは、3月のはじめの巳の日(みのひ)のことで、この日は邪気に見舞われやすい日とされていました。平安時代に人々は、この日に薬草を摘んで厄払いをしていて、貴族たちは自分にふりかかる災いを紙人形にたくして流す「流しびな」を行うようになりました。

室町時代には、この節句を行う日が上巳から3月3日に定まり、人形も紙の人形だったものは、豪華なひな人形を飾ってお祝いする行事に発展し、今日のような女の子の厄除けと成長を祈る行事になりました。

ひな人形は誰が買う?

以前は、ひな人形は母方の実家が贈る習慣がありました。ここ最近では、あまりこだわらないようになっているので、親戚内で相談して、誰が買うか決めるのが一般的です。

七段飾りや五段飾りなどの豪華なものは、初節句に一段目の親王飾りだけを買い、下の段は年々買い足して行ってもかまいません。

女きょうだいがいる場合、ひな人形はそれぞれに必要?

ひな人形は、基本的には一人ひとりのものなので、女きょうだいがいる場合は、一人にひとつずつ必要です。

ですが飾るスペースや経済的な問題もあり、豪華なものを買えない場合は、市松人形などを代わりに購入します。

その為、ひな人形にはお下がり、というものはありません。母親が使っていたものをそのまま譲り受ける、ということはしません。

雛人形

ひな人形を飾る日、しまう日は?

雛人形は、早く飾って早くしまうのが良い、とされています。その為、飾るのは2月4日の立春から桃の節句の1週間前ぐらいを目安に飾ります。二十四節気のひとつの雨水の日(2月19日ごろ)に飾るといい、とも言われています。桃の節句の前日に飾るのは「一夜飾り」と言って、葬式と同じなので縁起が悪いと言われています。

雛人形をしまう日は、3月3日の翌日、もしくはなるべく早くしまうようにします。昔から、ひな人形を早くしまわないと嫁入りが遅れるという言い伝えもあります。ただ、地方によっては旧節句の4月3日に流し雛を行い、それがすんでからしまうところもあります。

雛人形に供えるもの

・ひし餅
上から赤、白、緑の3色を重ねたひし型の餅。解毒作用のあるクチナシで色をつけた赤い餅は桃の花を、血圧低下の効果がある菱の実が入っている白い餅は残雪を、厄をはらうとされるヨモギを使った緑の餅は春の芽ぶきを表しています。

・白酒
身体を清めるお酒は、お祭りには欠かせないものです。桃の節句に甘い白酒が供えられるようになったのは、江戸時代からと言われています。子ども向けのアルコール分のない白酒も売られています。

・ひなあられ
もち米を蒸して乾燥させ、炒ってつくる雛あられは、ひし餅から転じたもの、と言われています。

・桃の花
桃の花は季節の花であるだけでなく、中国では魔除けの霊木と崇拝されているように、古くから桃の花には邪気をはらう力があると信じられています。

ひなあられ

桃の節句の料理

雛祭りでお祝いする料理は、彩りのいいちらし寿司蛤のお吸いものが定番メニューです。特に蛤のような二枚貝は離れてしまった時に、もとの貝どうしでないとぴったりと合わないことから、夫婦円満や女性の貞操の象徴とされ、桃の節句に蛤を食する習慣が生まれた、と言われています。

ちらし寿司お子さんの健やかな成長を願って、初節句は盛大にお祝いしてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク