汗じみ、油じみ、汚れ別、シミの落とし方、洗濯裏技大特集!

食べこぼしなどの油じみや、汗じみなどのシャツの黄ばみ、黒ずみ、家庭で洗濯してもなかなか落ちない汚れ、ありますよね?

洗濯物2

いつも通りの洗濯では落とせない頑固な汚れやシミでも、その汚れ、シミに合わせた洗剤を使ったり、ひと手間加えることで、家庭での洗濯でも汚れ、シミを落とすことが可能です。汚れに合わせた洗濯方法や、その他の洗濯に関する裏技などをまとめました。


スポンサーリンク




汗ジミを落とす方法

汗ジミでも、すぐに洗濯をしないと、普通に洗濯しただけでは落とすことができず、汗ジミになって残ってしまうことがあります。汗ジミを落とすには、以下の洗濯法を試してみて下さい。

<やり方>
1.液体の酸素系漂白剤をシミの部分に塗り、少し熱いお湯ですすぐ。これを2~3回繰り返す
2.酢水(食酢を3~4倍で希釈したもの)か、クエン酸水(水で10倍に希釈したもの)を、漂白剤を塗った部分にかける
3.すすいでから、全体を洗う

部分的なシミ抜きをした時は、シミ抜きをした後に、必ず全体を洗うようにして下さい。輪ジミができる原因となります。

食用油の汚れを落とす方法

油ものをうっかり衣服にこぼしてしまうと、通常の洗濯では落とすことができず、シミになってしまいます。油ジミの落とし方は、以下の通りです。

<やり方>
1.台所用洗剤でシミがついた部分をもみ洗いする
2.シミが落ちたら、全体洗いをする

台所用洗剤、つまり食器用洗剤でOKです。食器についた油汚れを落とすには食器用洗剤が効果的なので、衣類についた油汚れも同じように、食器用洗剤で落とすことができます。

スポンサーリンク



白い洋服の黄ばみ、黒ずみを取る方法

白い洋服ほど、黄ばみや黒ずみが目立ちます。普通に洗濯していても、襟元や袖口が汗や皮脂で黄ばんできたり、黒ずんできて、真っ白だったシャツなども、だんだん白さがなくなってきますよね。白いものをより白く洗うには、以下の方法で洗ってみて下さい。

<やり方>
1.粉末タイプで蛍光剤の入った洗剤、粉末タイプ、さらに酸素系タイプの漂白剤を使う
2.40℃ぐらいのお湯に洗剤、漂白剤を溶かし、20分ほど浸けこんでおく
3.浸けこんでからは、通常通りの洗濯でOK

白いものをより白くするポイントは、使用する洗剤と漂白剤、さらに水温がポイントになります。蛍光剤入りの洗剤は、白く見せる働きをしてくれるので、白いものを洗うのに向いています。漂白剤は、粉末と液体では粉末の方が白くする力が強いので、粉末タイプの漂白剤を選びます。

さらに温度が上がると洗剤も漂白剤も効果がより出やすくなり、衣類の繊維も開いて汚れが落ちやすくなります。

白さを持続させたい、という時は、いつもの洗濯前にこのひと手間を加えてみて下さい。

白シャツ

レースのカーテンのカビの落とし方

窓が結露して、冬の間は常にレースのカーテンが濡れている状態だと、白いレースのカーテンに黒い点々が発生すること、ありませんか?これはカビです。カビは通常の洗濯では落とすことができません。以下の方法を試してみて下さい。

<やり方>
1.粉の洗剤と粉の漂白剤を50℃のお湯に溶かし、30分~1時間浸けておく
2.その後、ネットに入れて通常の洗濯をする

この方法でも落とすことができない場合は、塩素系の漂白剤を使って下さい。

カーテン

衣類についたガムの取り方

衣類についてしまったガムは、クレンジングオイルと食器用洗剤を使って落とすことができます。

<やり方>
1.手で取れるガムをまずは取り除く
2.ガムの部分にクレンジングオイルをつけ、軽くなじませる
3.クレンジングオイルをつけた上から、食器用の洗剤をつけて、軽くもみながら40℃くらいのお湯ですすぐ
4.シミが落ちたら全体を洗う

洗濯ネットの大きさの選び方

大事なセーターや、型崩れさせたくない衣類を洗う時に使用する洗濯ネットですが、ついつい大は小を兼ねる、ということで大きいサイズを選んでいませんか?

洗濯ネットは、洋服とピッタリサイズ、もしくは少し小さめサイズを選ぶのがベストです。洗濯中に衣類が動くと衣類がダメージを受けてしまいます。その為、大きめのネットに入れると、ネットの中で衣類が動いてしまうので、縮み、型崩れ、毛羽立ちなどを誘発してしまいます。

洗濯ネットを選ぶ時は、ネットの中で衣類が動かない大きさのものを選び、さらにきちんとたたみ、ファスナーやボタンがついているのはしっかり閉じてから入れるようにします。

また、ネットが大きい場合は衣類を入れた後に、ゴムなどでネットを縛ってネットの中で衣類が動かないようにするのも効果的です。空いたスペースに、別の衣類を入れてもOKです。

セーター2

ひとくちに洗濯用洗剤といっても、すべての汚れに対して万能な訳ではありません。通常の洗濯だけでは落としきれいない汚れ、シミは、ひと手間加えたり、使用する洗剤を変える必要があります。

家庭での洗濯では落ちない、取れない、と思っていたシミや汚れでも、ここで紹介した方法できれいさっぱり落とすことができるかも知れません。ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク