2016年のバレンタイン、上司に渡す予算1000円以下のチョコ!

2016年のバレンタイン、会社の上司や同僚、仕事でお世話になっている人、関係者などに渡す義理チョコで、オススメのものを紹介します。

チョコレート2

予算1000円以下で購入できる、贈りものに最適なものを厳選しました。


スポンサーリンク




GODIVA(ゴディバ)

ゴディバと言えば、ベルギー王室御用達で有名のチョコレートブランドなので、お菓子のブランド、メーカーなどに疎い年齢の方でも、ゴディバなら知らない人はいないのではないでしょうか?

●ダークチョコレートクッキー 561円

ゴディバの商品の中で、職場の人や、普段お世話になっている人に贈るギフトとして最適なのが、ダークチョコレートクッキーの詰め合わせです。深みのあるダークチョコレートをココア入りのラングドシャ生地でサンドしたクッキーで、甘すぎないので、大人の男性にオススメです。

ゴールドの箱に入っているので、ちょっとした贈りものとして最適です。

●ラッピングトリュフ ヘーゼル5粒 756円

なめらかなヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコレートでコーティングし、GODIVAロゴの刻印が入っています。

ちょっとポップな印象なので、年齢の近い上司や同僚などに贈る義理チョコにいかがでしょうか?

●トリュフアソートメント 2粒 907円

大切に守られてきたゴディバの伝統レシピに、新しい技術や新たに厳選した材料を取り入れて作られた、ゴディバこだわりのトリュフです。

ブラウン×ゴールドの上品なパッケージで、目上の方に贈るギフトにオススメです。

 

モロゾフ(MOROZOFF)

モロゾフはバレンタインデーを日本に伝えた神戸の名店です。デパ地下には必ず店舗がある、と言っても過言ではないお店です。GODIVAに比べると値段がリーズナブルなので、1000円も出せば、そこそこ数の入った詰め合わせを買うことができます。

●モロゾフ プレーンチョコレート 324円

ミルク、セミスイート、ハイミルクのプレーンチョコレートを、様々な形にして、真っ赤なパッケージに収められています。まさにサイズ的に、THE 義理チョコなので、上司や同僚など、感違いされたくない(笑)、という相手に渡すのに最適なサイズです。

●モロゾフ ウィッティー 486円

旅にまつわるアンティーク調のモチーフが並ぶパッケージの中に、旅の思い出の品をコレクションしたようなプレーンチョコレートが9個詰め合わせてあります。

●モロゾフ プレミアムトリュフ 540円

一粒ごとに味わいの異なるオリジナルトリュフを、金粉やピスタチオなどで、様々にデコレーションした、名前の通りプレミアム感あふれるトリュフのアソートです。

●モロゾフ ゴールデンファンシーチョコレート 810円

バラエティ豊かなチョコレートの詰め合わせで、何と2段詰めで24個入りと豪華で、価格は810円とリーズナブルです。もらった人は、まさか810円とは思わないのではないでしょうか?

●モロゾフ アンバサダー 864円

モロゾフのギフトの中から、缶入りのものを選びたい、という方にオススメです。中身は風味豊かなトリュフや、オシャレなロゴ入り、馬蹄型チョコレートなど、華麗に旅する紳士をイメージしたチョコレートの詰め合わせです。

 

ゴンチャロフ(GONCHAROFF)

ゴンチャロフは、ロシア革命から逃れ神戸へと渡ってきたロマノフ王朝の菓子職人マカロフ・ゴンチャロフ氏が1923年に創業した老舗ブランドです。

ゴンチャロフの商品の中で有名なのが、ウイスキーボンボンで、日本で初めてウイスキーボンボンを作ったのがゴンチャロフ、と言われています。

●ゴンチャロフ ショコラティーノ 324円

2016年のバレンタイン限定商品で、個性的なタッチのどうぶつたちがデザインされたショコラティーノは、シンプルながらボリューム感があるチョコレートが詰め合わせになっています。

●ショコラセッション 540円

2016年のバレンタイン限定商品で、ファンシーチョコレートからプレーンチョコレートまで、様々な味わいが楽しめる10個の詰め合わせです。

●メッセ神戸 540円

アーモンドとヘーゼルナッツのペーストをチョコレートにプラスし、ストライプに仕上げたショコラレイエ2個とトリュフ3個の詰め合わせです。

●ウイスキー&ブランデーアソート 540円

2016年のバレンタイン限定商品で、定番のウイスキーやブランデー、女性にも人気の高いワインを使用したボンボンチョコレートや、リキュールを使用したガナッシュチョコレートなど、お酒好きの人にオススメのギフトです。

●ゴンチャロフ 酒くらべ(ふくろう)ボンボンチョコレート 540円

2016年、バレンタイン限定商品で、抹茶や栗など和素材のチョコレートや、和酒のボンボンを和菓子のように、ふくろうの描いたパッケージに詰め合わされています。

生チョコ1

予算1000円以下、さらにデパ地下で購入できるものから厳選しました。本命チョコ以外に、あまり時間をかけたくない、サクっと選びたい、という方は、買いに行く前に、ある程度どれにしようか決めておけば、お店について迷わずすぐに購入できます。バレンタイン時期は、人でごった返しているので、できればサクっと買って帰りたいですよね?

ぜひ2016年の上司に贈る義理チョコ、同僚に渡す義理チョコの候補として検討してみて下さい。

スポンサーリンク