世界一受けたい授業で紹介、免疫力を上げる物質LPSとは?

世界一受けたい授業(2/20放送)で、免疫力を上げる方法について、LPSという物質について詳しく紹介されました。

風邪1

LPSとは何なのか?LPSの効果やLPSを多く含んでいる食品、効果的な摂り方などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




風邪をひく人、ひかない人の違いとは?

同じ環境、同じ場所にいたのに、病気になる人、ならない人、風邪をひく人、風邪をひかない人の差は一体何でしょうか?これは、ズバリ免疫力の差です。

免疫力とは、病気の原因となるばい菌や、体の中にできる異物を、マクロファージという細胞が食べて排除する力のことです。

マクロファージは血液や皮膚、筋肉など体中のいたるところに存在し、健康を守ってくれていますが、不規則な生活やストレスなどで、マクロファージの働きが弱まり、異物を排除できなくなります。これが、病気になる人、ならない人の差になっています。

その為、病気にならないためには、マクロファージをパワーアップさせ、免疫力を高めて病気にならない体を作ることがポイントです。

そんな夢のような物質が近年発見され、それがリポポリサッカライド、通称LPSという物質です。LPSを積極的に摂ることで、免疫力をアップさせることができます。

咳

LPSとは?

LPSは土や野菜の中にいる微生物の成分の一つで、もともとは人間の体の中にはありません。そんなLPSを積極的に摂取することで、風邪やインフルエンザ、花粉症の予防、さらにガンになりにくい体を作ることができます。

LPSとは、土壌で育つ様々な食べ物についている微生物の成分で、食べることによって、粘膜を通じて体の中の免疫細胞を活性化します。また空気中にも存在していて、皮膚に触れることでも、免疫細胞に働きかけます。

LPSは空気中に存在していますが、土や自然が少ない場所には少なく、LPSに触れることが出来ていません。

スポンサーリンク



LPSの効果とは?

LPSを摂ることで、免疫力をアップさせるので、風邪やインフルエンザの予防花粉症の抑制などに効果があります。さらにLPSの効果はそれだけではありません。

●肌荒れの改善
皮膚の中に多数の免疫細胞が存在しているため、LPSを摂取することで、肌の入れ替えを早め、荒れた肌を改善し、キメの細かい肌になれます。

●アルツハイマー病予防
アルツハイマー病は、アミロイドβというゴミが、脳にたまり、脳が委縮してしまう病気です。LPSの摂取で、アミロイドβを掃除してくれます。

脳の免疫細胞が最も活動する時間は、睡眠中です。起床時と睡眠時では、脳の免疫細胞の活動量は10倍も違うため、毎日、しっかり睡眠をとることも、アルツハイマー病予防になります。

●がん予防
がん細胞は1日に5000個できると言われていますが、これもLPS摂取で排除できるため、がん発症のリスクを抑えることができます。

ウイルス1

 

免疫細胞が少ない人とはどんな人?

人によって、免疫細胞が多い、少ないがあります。免疫細胞が少ない人とは、一体、どんな特徴があると思いますか?

実は、極端にキレイ好きだと要注意なんだそうです。LPSは土壌や自然に含まれる微生物に存在している為、頻繁に殺菌したり、掃除したりしすぎるのは、かえって免疫力を下げる要因になります。

適度なキレイ好きなら問題ありませんが、過剰に掃除しすぎるのはよくありません。

LPSを豊富に含んでいる食べ物

LPSは先でも述べたように、人の体には存在していません。その為、LPSを豊富に含んでいる食べものを食べて、摂取するようにします。

LPSを豊富に含んでいる食べ物、第1位~第3位までは以下の通りです。

第1位 玄米
玄米の周りについているヌカには、LPSが大量についているため、免疫力を考えると、ヌカごと食べられる玄米がオススメナンバー1の食材と言えます。

第2位 メカブ
海の中で育つ海藻類は、農薬や肥料が使われていないので、自然に近い状態でLPSが含まれています。ワカメや海苔にもLPSは含まれていますが、海藻の中でメカブには特に多くのLPSが含まれています。

第3位 レンコン
LPSは主に土にいる微生物の成分のため、土で育つ根菜には多く含まれています。特にレンコンは、皮や節の部分に多く含まれています。LPSは加熱しても物質は残るので、加熱しても問題ありません。

ちなみに第4位はヒラタケ、第5位は岩のりです。

玄米

LPS効果を高める効果的な食べ方

LPSはある食材と一緒に食べると、さらに効果が上がります。その食材とは、ヨーグルトです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、LPSと同時に摂取すると、強い相乗効果が生まれます。LPSを含む食材を食べる時は、ぜひヨーグルトも一緒に摂取しましょう。

ヨーグルト1

風邪をひいた場合、後からLPSを摂っても効果はある?

免疫力を高めるのに、LPSという物質が効果的、ということはわかりましたよね。では、風邪をひいてしまってからLPSを摂取しても効果、意味はあるのでしょうか?

LPSは、風邪をひいてから摂取しても十分効果は得られます。むしろ、風邪をひいた時こそ、 積極的に摂るべきです。

風邪をひいた時は、抗生物質を飲みますが、抗生物質は病気の原因となる最近を死滅させます。しかし、同時にLPSを持つ菌も殺してしまいます。その為、抗生物質を摂る時は、LPSを十分に摂って、免疫機能を増強するべきなんです。

薬1

食べ物以外で免疫力を上げる方法とは?

皮膚をこすって免疫細胞を活性化させるLPS体操がおすすめです。

LPS体操のやり方は、まずは右手で左手の指先から体の中心に向かって、皮膚をこすります。免疫細胞を刺激する為、うっすらと肌が赤くなるぐらいにこすります。

皮膚をこすることで体がポカポカしてきますが、血行が促進され自律神経が整えられ、免疫機能の大敵であるストレスを解消することができます。

腕の他にも、足などの部位も、心臓に向かってこするだけで、免疫力が上げられます。

ウイルス2

すぐに風邪をひく人や花粉症に悩まされている方は、免疫細胞が少ないのが原因かも?LPSを多く含む食材をとって免疫力を高め、風邪、インフルエンザにならない丈夫な体を作って下さい。

 

スポンサーリンク