はちみつで美肌になれる?はちみつを使ったスキンケア方法?

はちみつを使ったスキンケア方法をご存知ですか?

ハチミツ

手持ちのスキンケア用品にはちみつを混ぜて使うことで、美肌になれるんだとか。ここでは、はちみつを使った洗顔やクレンジングなどの美肌方法について詳しくまとめました。


スポンサーリンク




はちみつを取り入れたスキンケア方法

はちみつをスキンケアに取り入れるはちみつ美容法が話題になっています。

はちみつ美容とはその名の通り、はちみつをスキンケアに取り入れるだけで美肌が手に入る、というものです。

はちみつには高い保湿力があります。肌トラブルを招く最大の原因は乾燥と言われており、はちみつの持つ高い保湿力を利用することで、潤い溢れる肌を作ることができ、本来、肌が持っている素肌力を最大限に引き出すことができます。

はちみつ美容のやり方はとても簡単で、手持ちのスキンケア用品にはちみつを混ぜるだけです。具体的なはちみつ美容のやり方を詳しく紹介します。

ハチミツ2

はちみつクレンジングのやり方

<用意するもの>
・はちみつ 100円玉大
・クレンジング 500円玉大

<やり方>
1.肌を軽く濡らし、はちみつを、おでこ→頬→鼻→顎の順番に直接塗る
2.クレンジング剤を、はちみつを塗った順番と同じ順番で塗っていく
3.手にぬるま湯を少しつけて、軽く手を動かしてクレンジング剤を乳化させて40~60秒おく
4.ぬるま湯で洗い流す

はちみつにはクレンジングと軽いピーリング効果があります。また、はちみつをクレンジング剤をつける前に塗ることで、クレンジング剤の刺激を軽減することができます。

はちみつの細かい粒子が毛穴の奥まで入り込んで、毛穴の汚れも吸着してスッキリ毛穴に導いてくれます。

クレンジングした後に洗顔をするので、クレンジングですべての汚れを落とそうとせず、8割ぐらいの汚れが落ちていればOKです。

スポンサーリンク



はちみつ洗顔のやり方

<用意するもの>
・はちみつ 小さじ1
・洗顔料
・泡立てネット

<やり方>
1.泡立てネットの中にはちみつを入れる
2.泡立てネットの中に洗顔料を入れる
3.泡立てネットに水を軽く含ませ、泡立てる
4.できた泡をいったん絞り出し、再度ネットに入れて泡立てる
5.できた泡で、いつも通りの洗顔を行う

泡立てる時に使う水は数滴でOKです。水を含ませすぎると、きめ細かな泡ができません。できた泡を一旦ネットから取り出し、再度ネットに戻して泡立てると、より泡の気泡が細かくなり、もっちりした濃密泡が完成します。

はちみつを加えたもっちり泡は粒子が細かく、肌表面の汚れをきれいに取り除き、その後のスキンケア用品の肌への浸透もよくなります。

ハチミツ3

はちみつを使った保湿ケアのやり方

<用意するもの>
・はちみつ あずき大
・クリーム、もしくは乳液

<やり方>
1.クリーム、もしくは乳液などの保湿剤を手にとり、はいみつを混ぜて、手の体温で油分ののびをよくする
2.顔全体になじませる

はちみつには優れた保湿力がある為、クリームや乳液に混ぜて使うことで、さらに保湿力がアップします。

保湿

はちみつを使ったパックのやり方

<用意するもの>
・はちみつ 大さじ2
・シートマスク

<やり方>
1.はちみつを平たいスプーンやへらなどを使って、皮膚の薄い目の周りを避けて、顔全体に塗りのばす
2.シートマスクを顔に乗せて10~15分おく
3.シートマスクを外し、はちみつを馴染ませるように手のひらで顔を抑え、仕上げにクリームなどを塗る

はちみつパックは、はちみつが持つ美肌力を最大に生かすことができます。はちみつには、コラーゲンの材料となるアミノ酸や、コラーゲン生成に欠かすことができないビタミンCが豊富に含まれていて、肌にハリを与えてくれます。さらにミネラル、ビタミンがくすみを解消して、美白効果も期待できます。
まさに美肌力をアップさせるスペシャルケアと言えます。はちみつパックは週1回ぐらいでOKです。

スキンケア3

はちみつを使ったUVケアのやり方

<用意するもの>
・はちみつ つまようじの先で1滴
・日焼け止め

<やり方>
1.手に日焼け止めを出し、はちみつと混ぜ合わせる
2.指の腹を使って顔全体に塗り伸ばす

肌が乾燥していると、外的刺激から守る肌機能が低下してしまいます。このような肌状態で紫外線を浴びると、紫外線は肌の奥にまで入りこんで、シミ、そばかすなどを作ってしまいます。

はちみつを日焼け止めに混ぜることで、しっかり保湿しながらUVケアができ、日差しから肌を守ってくれます。

日焼け止めは顔だけでなく、首やデコルテ、耳の後ろなどにも忘れずに塗るようにします。

日焼け止め

はちみつの選び方

はちみつは色々な種類があり、どれを購入していいかわからない、選ぶ基準がわからない、という方も多いですよね?

はちみつを選ぶ時は非加熱、もしくは生のもの、低温処理されているものを選ぶようにして下さい。

あとは、草や花によって香り、味が異なるので、自分好みのものを見つければOKです。

はちみつに消費期限は?保存方法は?

はちみつには一般的に消費期限はない、と言われています。殺菌力が高い為、腐る心配はありません。

ただ、美味しく食べられる期間は約2年ほどなので、一般に市販されているはちみつのほとんどが、賞味期限が2年に設定されています。

はちみつの保存は常温でOKですが、直射日光と湿度が苦手な為、日が当たらず風通しのよい場所に置いておきます。

ハチミツ1

はちみつを使った美容法、ぜひ試してみて下さい。もちろんスキンケアに使うだけでなく、はちみつを食べて、体の内側から健康になることもオススメです。

スポンサーリンク