ハードコンタクトを使うとまぶたが下がる?対処法、治療法は?

年をとるにつれて顔の筋肉は下へ下へと下がり、まぶたの上の筋肉も、加齢とともに誰でも下がるものですが、ハードコンタクトレンズを使用していた人ほど下がりやすい、と言われています。

コンタクト1

まぶたが下がるのを眼けん下垂と言いますが、眼けん下垂の症状や治療法、対処法などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




眼けん下垂とは?

眼けんとは、まぶたのことを指していて、眼けん下垂とは、上まぶたが下がってしまう状態を言い、視界などに影響を及ぼす病気です。

眼けん下垂になると、

・視界が狭くなる
・目が小さくなる
・目が疲れやすくなる

というような症状が現れ、他にも、

・眉毛の位置が上がった
・おでこにシワが寄るようになった

などの症状も現れます。

これらの症状が現れるのは、無意識のうちにおでこの筋肉を使い、まぶたを引き上げている為、眉毛の位置が上がったり、おでこにシワが寄るようになってしまいます。

眼けん下垂は片側だけに起こる場合と両側に起こる場合があります。片側だけに起きた場合は、左右に違いがある為、自分でも気づきやすく、また周りからも指摘されることもあり、容易に気付くことができますが、両側に起きた場合は、左右が同じように変化していく為、自分でも周りからも気付かれにくいことが多いと言われています。

眼球1

眼けん下垂の原因

眼けん下垂は、上まぶたの筋肉や、筋肉とまぶたをつなぐ腱膜の異常で起こりますが、大きく2つの原因があります。

・腱膜が伸びてしまう
上まぶたは眼けん挙筋という筋肉が収縮することで持ち上げられています。この眼けん挙筋と上まぶたをつないでいるのが挙筋腱膜と言われるものです。

腱膜は加齢とともに薄くなり、さらに伸びてきます。挙筋腱膜が薄くなると、眼けん下垂が起こります。その為、個人差はありますが、加齢とともに誰でも両側の上まぶたは下がってきます。

腱膜が伸びてしまうことで起こる眼けん下垂を腱膜性の眼けん下垂と言いますが、腱膜性の眼けん下垂は、ハードコンタクトレンズの愛用者に多く起こることがわかっています。硬いレンズを装着していると、上まぶたの内側から力が加わり、腱膜に負担がかかる為です。

ハードコンタクトレンズの長年の愛用者の他に、目をよくこする癖のある人も、腱膜性の眼けん下垂が起こりやすいと言われています。目をこすると、上まぶたの外側から力が加わって負担がかかる為です。

・眼けん挙筋肉に何らかの問題がある
眼けん挙筋の力が弱い場合や、この筋肉を動かす神経に異常があって、筋肉が十分に動かない場合も、眼けん下垂が起こります。

筋肉に何らかの問題があって起こる眼けん下垂は、生まれつきのことが多く、片側だけに起こり、生後すぐに周りの人が気付くのが特徴です。

そのまま放置しておくと、弱視を招くこともある為、早めに眼科を受診して、すぐに治療すべきなのか、経過観察で良いのか、医師の判断を仰ぐ必要があります。

スポンサーリンク



眼けん下垂の治療法、対処法

眼けん下垂は、軽度、中等度、重度に分けられます。

顔を正面に向けた時に、上まぶたの下がり具合が茶目(虹彩)を超えると軽度、瞳(瞳孔)までかかっていると中等度、瞳の下まできていると重度に分けられます。

軽度なら、メガネに上まぶたを上げる為の器具をつけたり、美容目的で使われるような二重テープやのりなどで目をぱっちりさせて視界を改善するなど、特に病院で治療せずに、自分で対処することが可能です。

メガネにとりつける器具は、メガネ屋などで購入でき、取りつけもネジを使って、普段使用しているメガネに自分で装着できます。二重テープや二重のりも、ドラッグストアなどで購入できます。

目けん下垂の症状が強く、自分で対処できなかったり、生活に支障をきたすような場合は手術が検討されます。手術は主に以下の2通りの方法があります。

・腱膜縫縮術
主に腱膜性の眼けん下垂で行われる手術法で、上まぶたを皮膚側、もしくは内側から切開し、伸びた挙筋腱膜を折りたたみ、上まぶたのけん板に縫い縮めるようにして固定する方法です。

成人の場合なら局所麻酔で行うことができるので、日帰り手術、もしくは1~2泊の入院で済みます。

・前頭筋つり上げ術
筋肉に何らかの問題があって起こる眼けん下垂で行われる手術法で、前頭筋というおでこの筋肉を利用して、上まぶたをつり上げます。眉毛の上とまつげの上の2か所を切開し、人工の膜を皮下に通して固定します。

成人の場合、局所麻酔で日帰り手術、もしくは1~2泊程度の入院で済みます。

通常の眼けん下垂は、すぐに症状が悪化していく訳ではない為、手術を急ぐ必要はありません。手術のメリット、デメリットなど、医師からしっかり説明を受け、手術を受けるべきか、受けるとしたらいつ受けるのか、などについてじっくり検討するようにします。

病院3

まぶたが下がるのは年のせいだから、と諦める必要はありません。もしまぶたが下がって、視界が狭い、見えにくいなど、日常生活に支障を及ぼしているようなら、眼科を受診してみてはいかがでしょうか?視界が明るくなると、生活の質も改善すると言われていますよ。

スポンサーリンク