名古屋土産にオススメ、人とかぶらない吉芋の芋けんぴが大人気!

名古屋土産の定番と言えば、味噌煮込みやきしめん、ういろう、板角のゆかりなどがあります。

お歳暮2

定番の名古屋土産ではなくて、他の人とはかぶらないような、ちょっとマイナーで珍しいお土産をお探しの方にオススメなのが、吉芋きちいも)のいもけんぴです。吉芋について詳しく紹介します。


スポンサーリンク




名古屋の有名な芋けんぴのお店、吉芋とは?

名古屋の吉芋(きちいも)というお店は、名古屋の人なら誰もが知っている、と言っても過言ではない、さつま芋菓子専門店で、最も有名で人気なのが芋けんぴです。

本店は名古屋市の覚王山というところにありますが、名古屋駅の名鉄百貨店、矢場中の松坂屋名古屋本店にも店舗があります。名鉄百貨店なら名古屋駅なので、名古屋駅から新幹線などで帰る、という時に立ち寄って購入できます。

吉芋花火6

 

吉芋の人気商品、芋けんぴ「吉芋花火」

吉芋はさつまいも菓子専門店ですが、その中でも圧倒的人気なのが芋けんぴ吉芋花火です。

吉芋花火9

初代の頃より看板商品だったのが吉芋花火で、生のさつま芋を細切りにして、菜種油でカラっと挙げ、吉芋特製自家製蜜が絡めてあります。

価格は170g入りで600円です。

甘いものが苦手な方にオススメ、吉芋塩花火

芋けんぴはちょっと甘すぎる、甘いものが苦手、という方にオススメなのが、吉芋塩花火(きちいもしおはなび)という蜜をかけていない、塩味の芋けんぴです。

さつまいもの甘味とほど良い塩気が癖になり、食べ出したらとまらない一品です。

価格は75g入りで350円です。

吉芋塩花火4

吉芋花火、吉芋塩花火の賞味期限は?

吉芋花火、吉芋塩花火、どちらも賞味期限は2~3日です。お土産にするには賞味期限が短い、というのが難点ですが、冷凍保存が可能です。

冷凍に対応したパックや保存袋などに移し替えて冷凍すれば3ヵ月保存が可能です。解凍は自然解凍でOKで、室温20℃なら、約5分で解凍できます。

スポンサーリンク



吉芋花火、吉芋塩花火のクチコミ

気になる吉芋花火、吉芋塩花火の口コミを紹介します。

<<吉芋花火>>
・そこまで甘くないので、いくらでも食べられちゃいます。おいしいので手が止まりませんが、やっぱりさつまいもなので、食べた後はお腹がパンパンになっています。
・甘いものがあまり好きではないのですが、吉芋の芋けんぴは何故か食べられる、食べられるどころか大好物です。何が違うのかわかりませんが、とにかく美味しいです。
・絶妙な細さに切られた芋けんぴがたまりません。上品な甘さで、本当に食べ始めると止まりません。今まで食べた芋けんぴとは全然違います。
・以前、お土産でもらってはまってしまいました。時々買いに行き、冷凍保存しているぐらいです。
・気の知れた友人、知人宅に行く時のちょっとしたお持たせによく利用していますが、持っていくと必ず喜ばれます。
・初めて見た時は、こんなに繊細な芋けんぴがあるのか、とびっくりしました。これだけ細いせいなのか、ちょうどよい甘さだからなのかはわかりませんが、食べ続けていてもまったくくどくなく、飽きるどころか手が止まらなくなります。甘いのがそんなに好きじゃない人に進めても、これはおいしい、と言われます。

<<吉芋塩花火>>
・ほどよい塩加減が絶妙で、食べ出したら手が止まりません。
・名古屋に行った時は必ず購入し、帰りの新幹線で酒のつまみとして食べています。
・蜜の芋けんぴもいいけど、他にはない塩味の芋けんぴの方がお気に入りです。
・1人で吉芋花火と吉芋塩花火を1パックずつ購入して、賞味期限内に食べられるか不安でしたが、そんな心配は無用でした。どちらも美味しいですが、塩花火は食べ出すと、本当に止まらなくなります。とにかく美味しいです。

吉芋花火4

吉芋店舗情報

吉芋の店舗があるのは、現在、覚王山(本店)、名古屋駅店、松坂屋店の3店舗です。

●本店
〒464-0844 愛知県名古屋市千種区日進通5-2-4
052-763-2010
営業時間 10:00~18:00 (年末年始を除いて無休)

●名古屋駅店
〒450-8505 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2-1 名鉄百貨店B1
052-585-2179
営業時間 10:00~20:00

●松坂屋店
〒460-8430 愛知県名古屋市中区栄3丁目16-1 松坂屋名古屋本店 B1
052-264-2928
営業時間 10:00~20:00

本店には駐車場がない為、近くのコインパーキングを利用するなどして下さい。

吉芋塩花火6

いつもの名古屋土産には飽きた、変わった名古屋土産を探している、という方は、ぜひ一度、吉芋の芋けんぴ、試してみて下さい。芋けんぴに対するイメージが変わるかも?

スポンサーリンク