腸内フローラが整うとダイエットや美肌、さらに免疫力が上がる?

腸内フローラという言葉、聞いたことはあるけど、意味をよく知らない、という方も多いのではないでしょうか?

腸内環境1

腸内フローラとは何なのかや、腸内フローラが整うことで、どのような効果が期待できるのか、などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




腸内フローラとは?

目には見えませんが、私たちの体には多くの細菌が常に住んでいて、人に害を及ぼさない細菌を常在菌と言います。

常在菌は腸や肌、口、鼻など、外界に触れる場所にいることがわかっていて、その数は数百兆個にもなり、重さにすると数キロにもなる、と言われています。

常在菌の最も大きな役割は、外界にいる病原菌から体を守ることです。常在菌が作った成分は、病原菌が定着しにくい環境を作り、病気の予防に役立ちます。

この常在菌の集まりがフローラと呼ばれ、特に注目を集めているのが大腸の腸内フローラです。フローラを構成する常在菌たちのバランスが乱れると、肥満や病気の原因になるとも言われ、その為、腸内フローラを整えることが大切、と考えられています。

ヨーグルト4

腸内フローラが整うとどうなる?

腸内フローラは1000種類以上、100兆個にも及ぶ菌で構成されています。この腸内フローラから作られる物質が、全身の健康に大きく関わることがわかっています。

腸内フローラが整うと、以下のような効果が期待できます。

・太りにくくなる
近年の研究で、腸内フローラが腸内で短鎖脂肪酸を酸性し、これらが血中に移行し、全身を巡ることで代謝を上げて、脂肪の蓄積を防ぐことがわかっています。

・ストレスに強くなる
ビフィズス菌をとらせたマウスを狭い環境に閉じ込めると、ビフィズス菌を与えていないマウスよりも、ストレスを示す数値が低くなることが実験で報告されています。

・病気になりにくくなる
腸内フローラが乱れると、大腸炎や糖尿病、動脈硬化といった病気につながる、という報告があります。病気の引き金となるのは、腸内細菌がつくる代謝物質で、その原因となる代謝物質を作らせない環境づくりが、病気予防になると考えられています。

・免疫力を高める
腸内フローラとの関係で最も注目を集めているのが免疫との関係です。幼児期に腸内フローラを構成する菌の種類が少ないと、腸内フローラが免疫系を十分に教育できず、アレルギーリスクが高まる、という報告があります。

また、一部の乳酸菌をとると免疫細胞であるNK細胞の活性が上がり、免疫力がアップする、という報告もあります。

つまり免疫力アップ=風邪予防、アレルギー予防などに効果が期待できます。

・お通じがよくなる
腸内フローラが整うと、大腸のエネルギー源となる物質(短鎖脂肪酸)が作られ、便を送りだす動きが活発になります。食物繊維の摂取で腸内フローラが整い、便通が改善する、という報告もあります。

スポンサーリンク



腸内フローラを整えるには?

腸内フローラを整えるには、菌を育てる(育菌)ことが大切です。腸の育菌の為に最も大切なのは食べ物です。

腸の菌を育てる為には、以下の3つのアプローチを行います。

1.菌にエサを与える
腸内フローラを整える細菌のエサとなるのは、食物繊維です。食物繊維や野菜や果物に多く含まれています。

人が胃や小腸で消化、吸収できない為、大腸まで届き、腸内細菌のエサとなります。特にゴボウや果物、海藻などに多い水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサとなった際に短鎖脂肪酸が作られ、脂肪蓄積を抑制します。

2.菌を投入する
乳酸菌やビフィズス菌などの腸内フローラを整える善玉菌を腸へ送りこみ、腸内フローラでの善玉菌の割合を増やします。その為に、ヨーグルトや納豆、キムチなどを毎日食べ続けます。

食べた菌は腸に定着することはありませんが、毎日食べ続けることで、腸内環境が改善します。

3.腸をそうじする
食物繊維が不足した食生活だと、便のかたまりが作れず、不要な排泄物が滞留し、便秘になります。そこで、便のかさを増やす不溶性食物繊維を多く摂ることで便が出る環境が整い、腸がそうじされます。

不溶性食物線維を多く含んでいる食べ物は、野菜やフルーツ、キノコ類です。

ヨーグルト1

腸内フローラを整えるオススメレシピ

腸内フローラを整える為にオススメの食材が納豆です。納豆に加えるとさらに効果がアップするものを紹介します。

●納豆+キムチ
キムチは乳酸菌で発酵した漬物なので、納豆にキムチを加えることで、乳酸菌と食物繊維を同時に摂取することができます。

●納豆+メカブ
メカブに含まれるネバネバ成分はフコイダンといい、フコイダンには腸を元気にする作用があり、さらに免疫力アップ効果もあります。

●納豆+ヤマイモ
ヤマイモの粘り成分であるムチンは、腸内環境を改善してくれます。さらにヤマイモのたんぱく質には抗インフルエンザ作用もあります。納豆には、血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼや、女性にうれしい大豆イソフラボン(更年期障害予防、骨粗鬆症予防)、体内の炎症を防ぎ老化を抑えるポリアミンなども含まれています。

毎日納豆を食べるのは飽きてしまう、という方でも、納豆に加える具を変えると、飽きることなく食べられるのではないでしょうか?

また、納豆にえごま油を入れるのもオススメです。

納豆1
腸内フローラが整うと、病気予防、免疫力アップ、さらに美肌などにも効果が期待できます。腸内環境を整え、病気知らずの健康な生活を送って下さい。

スポンサーリンク