砂糖洗顔で傷痕、ニキビ跡が薄くなる?やり方、効果のまとめ

砂糖には天然の保湿剤としての効果があり、洗顔に砂糖を取り入れることで、乾燥肌が改善され、しっとりもちもち肌に仕上がる、と言われています。

砂糖

また、傷を治す治癒効果や殺菌効果などもあり、傷痕、ニキビ跡などを薄くするのにも効果がある、と言われています。砂糖を使った砂糖洗顔のやり方、効果について詳しくまとめました。


スポンサーリンク




砂糖洗顔の効果

砂糖には以下の効果があります。

・保湿効果
砂糖は水と結びつく力が強く、高い保水力があります。その為、水に溶けやすく100mlの水に約200gも溶けることができます。砂糖を肌に塗ると、角層に浸透した砂糖が水分を保ってくれます。

・洗浄効果
砂糖で洗顔をすると、角層に水分が呼びこまれて不要な角質が自然とはがれ落ち、ターンオーバーを正常に整えてくれます。

ターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりが乱れる為、古い角質が肌にとどまり、くすんで見えたり、ザラつき、ゴワつきのある肌になってしまいます。不要な角質をはがすことで、くすみのない、ツルツルの肌へと整えてくれます。

・傷を治す
砂糖は医療現場で床ずれの治療薬に使われています。砂糖は肌に塗ると浸透圧でむくみを軽減し、綿維芽細胞というコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を作り出す細胞を活性化して、傷の治りを促す効果があると言われています。

砂糖のこれらの効果で、砂糖洗顔を行うことで、乾燥肌が改善され、しっとりもちもち肌になったり、ニキビ痕が改善される、アトピー性皮膚炎が改善される、などの効果が期待できます。
洗顔2

砂糖洗顔のやり方

砂糖洗顔を行う前に、パッチテストを行うようにして下さい。
砂糖水を二の腕の内側につけてばんそうで覆って24時間おきます。赤み、かぶれなどの異常が出なければOK、もし異常が出た場合は、砂糖洗顔は行わないで下さい。

では具体的に砂糖洗顔のやり方を説明します。砂糖洗顔には3通りのやり方があります。

スポンサーリンク



●砂糖水洗顔

<使用するもの>
・上白糖 大さじ3(50g)
・水 500ml
・洗面器

<やり方>
1.洗面器に水、もしくはぬるま湯を500ml入れ、大さじ3杯の砂糖を入れて溶かす
2.肌に砂糖水を浸透させるように、砂糖水で3~4回、顔を洗う
3.砂糖水を顔につけたまま30秒ほどおいてから、流水ですすぐ

砂糖水で顔を洗うだけでしっとり感が得られ、その後に行うスキンケアの浸透がよくなります。

また、乾燥が気になる場合は砂糖水のコットンパックがオススメです。砂糖水をコットンにしみこませて、乾燥が気になる部分に1~2分パックしてから、流水で洗い流します。

●砂糖スクラブ洗顔

<使用するもの>
・上白糖 ひとつまみ
・手持ちの乳液や美容液

<やり方>
1.通常通り洗顔を行う
2.乳液や美容液など、手持ちのスキンケア用品に砂糖をひとつまみ加え、手のひらである程度砂糖を溶かし、洗顔した後の濡れた肌にのばし、そのまま1~2分おく
3.ぬるめの湯ですすぐ

・砂糖泡洗顔

<使用するもの>
・上白糖 ひとつまみ
・手持ちの洗顔料

<やり方>
1.手持ちの洗顔料を泡立ててから、ひとつまみの上白糖を加える
2.やさしくこすらないように洗い、小鼻や顎、みけんなどのザラつきの気になる部分は、さらに砂糖をひとつまみ加えて、指でくるくるとかやさしくマッサージしながら洗う

砂糖2

砂糖洗顔の注意点

砂糖洗顔で使う砂糖は、上白糖を使うようにして下さい。黒砂糖や三温糖、グラニュー糖などは、肌に刺激になることもある為、肌に使用するのはNGです。

また、肌を強くこするのも絶対にNGです。砂糖が溶け切っていない時は、洗顔料などがじゃりじゃりしますが、じゃりじゃりした状態で肌を強くこすると、肌を傷つけてしまいます。そっとなでるようにする、手のひらで砂糖を溶かしてから使うなどして下さい。

砂糖は水分、熱ですぐに溶ける為、お風呂で使うのがオススメです。

肌に塗っておく時間は1~2分で十分、3分以上おいても意味はありません。必要以上に肌の上にのせたままにしないで下さい。

また、砂糖洗顔を行った後は必ずすすいで下さい。そのまま肌に残すと、べたついたり、乾くとカピカピになってしまいます。また、砂糖をついたままの状態で紫外線に当たると、シミの原因になることもあります。

スキンケア3

唇の乾燥には砂糖パック

唇の乾燥が気になる時にも、砂糖の保湿効果を利用するのがオススメです。

濃度10%の砂糖水(水500mlに対して砂糖50g)を、唇に叩きこむようにつけると潤いがアップします。軽く流してから、リップクリームで潤いが逃げないようにフタをします。

また、唇の荒れが気になる時には、砂糖に少量のぬるま湯を加えてペースト状にして、指でやさしくゴマージュするのもオススメです。

砂糖3

砂糖の保湿効果で乾燥肌がしっとりもちもち肌になる、と実践者の間でも評判です。さらに肌がしっかり保湿されることで肌がふっくらし、毛穴も目立たなくなります。

いつもの洗顔に砂糖を加えるだけの簡単、手軽なスキンケア方法、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク