腱鞘炎以外で手、指、手首が痛い、しびれる病気はある?

手、指、手首が痛い、しびれがある、などの症状があると、真っ先に腱鞘炎を疑う方が多いですよね?

手

手、指、手首の痛み、しびれ、これらの症状がある病気には、腱鞘炎以外に手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんという病気があります。手根管症候群について、症状や治療法などを詳しくまとめました。


スポンサーリンク




手根管症候群とは?

手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんとは、手根管で神経が圧迫されて、手指にしびれ、痛みが現れる病気です。

手根管とは、わかりやすく簡単に言うと、手首の辺りにある神経が通るトンネルのようなものです。

手のひらの付け根にあり、手首の骨と靭帯に囲まれたトンネルのような構造になっていて、その中を、指先まで腱と正中神経が通っています。

正中神経は、手のひら側の親指から薬指の親指側の指先と、親指の筋肉まで伸びいて、これらの指の感覚と親指の動きなどをつかさどっています。

手根管の中を通っている腱を覆う膜や、腱を連結している滑膜が炎症を起こすと、腫れて暑くなり、正中神経が圧迫されることで、指にしびれ、痛みが起こります。

手2

手根管症候群の症状

手根管症候群の症状は、指のしびれ、痛みで、小指以外に起こります。小指は正中神経がつかさどる領域ではない為、小指にはしびれ、痛みは起こりません。

すべての指にしびれ、痛みが出るとは限らず、初めは人差し指だけ、中指だけなど、一部の指に症状が現れ、徐々に小指以外の指に症状が現れます。

手根管症候群の特徴は、初期は痛みがありますが、その後は痛みが和らぎ、しびれだけが続くことが多い点です。

他にも、症状が強く現れるのが夜中や早朝、という特徴があります。詳しい原因ははっきりしていませんが、夜中や早朝は手根管内のむくみがひどくなって、正中神経を圧迫する為ではないか、と考えられています。

また、手を振ると痛み、しびれが和らぎます。

手根管症候群

手根管症候群の原因、なりやすい人

手根管症候群は、女性ホルモンが関係していると考えられています。その為、女性ホルモンのバランスが乱れる更年期以降の女性や、妊娠中、出産期の女性に多い病気です。

その他に、手首をよく使う人や、手首を骨折した経験がある人がなりやすいと言われています。

パソコンをよく使う、楽器を演奏する、スポーツで手首を使う、編み物をする、これらに当てはまる人によく見られます。

また、長期間の透析療法を受けている人も発症しやすいと言われています。これは、アミロイドというたんぱく質が手根管内にたまりやすく、正中神経を圧迫する為です。

スポンサーリンク



手根管症候群と腱鞘炎の違い、見分け方

手根管症候群と腱鞘炎は症状が似ている為、混同しやすいです。

手根管症候群は、小指以外の指に症状が出る、手を振ると症状が緩和される、夜中や朝方に症が強く出る、などの特徴があります。

また、手根管症候群は、ファーレンテストというセルフチェック法があるので、以下の方法でチェックしてみて下さい。

<チェック方法>
1.体の正面で手首を下に曲げて指先を下に向け、両手の甲を合わせて、1分間その姿勢を保つ
2.1分以内にしびれが出たり、しびれが強くなった場合、手根管症候群が疑われます。

チェック項目

 手根管症候群の治療法

手根管症候群の治療法は、まずは安静にすることが基本で、他に薬物療法、手術療法が行われます。

・安静
患部を安静にすることが第一です。場合によっては、患部を固定する装具を装着することもあります。装具はできるだけ長い時間着けた方が効果があり、仕事など、何らかの理由で昼に装着できない場合は、夜寝ている間に装着します。

症状が軽ければ、その他の治療を行わなくても、安静にしているだけで2~3ヵ月で症状が改善されます。

・薬物療法
消炎鎮痛薬でしびれ、痛みを押さえ、通常の消炎鎮痛薬で効かない場合は、神経障害からくる痛みを抑える神経障害性疼痛治療薬が使われます。

消炎鎮痛薬の他にも、しびれ、痛みが強い場合はステロイド薬、局所麻酔薬を手根管の中に直接注射して、正中神経周囲の炎症を抑えます。

また、末梢神経を保護、再生させる働きのあるビタミンB12も使用されることがあります。

薬2

・手術療法
手術が必要になるケースは、装具を使って安静にしても、薬物療法を行っても効果がない、改善しない場合に検討されます。

手術は局所麻酔で行われます。手根管がある部分の手のひら側の皮膚を切開して靭帯を切り離し、正中神経の圧迫を取り除きます。

手術時間は30分程度、日帰り手術が可能です。手術後1ヵ月ぐらいは、手を使わないように注意が必要で、しばらくの間は握力が落ちますが、半年程度で正常に戻ります。

病院2

手や指に痛み、しびれが現れた場合は、そのまま使いすぎると悪化してしまうので、なるべく安静にするようにして、早めに整形外科を受診して下さい。

スポンサーリンク