足がむくむ、こむら返りになるのは何かの病気?原因や解消法は?

夕方になると足がむくんでぱんぱんになったり、靴が入らなくなったりすること、ありますよね?また、よくこむら返りが起こる、という人もいると思います。

‚Þ‚­‚݃Cƒ‰ƒXƒg

足がむくんだり、こむら返りが起こる影には何か病気が隠れているのかも知れません。足がむくむ原因や解消法について詳しくまとめました。


スポンサーリンク




足のむくみの正体は?

1日中立ちっぱなしだったり、1日中座りっぱなしでいると、夕方になると足がむくんで靴がきつくなる、ブーツが入らなくなる、という方、多いですよね?

足のむくみは、血液の循環と関わりがあります

血液は心臓から排出されると動脈を通って全身をめぐり、細胞に酸素や栄養分を届け、代わりに老廃物や二酸化炭素を受けって、また心臓に戻ります。

この時に、細胞での受け渡しを行っているのは血液そのものではなく、細胞付近の毛細血管からしみ出た血液の液体成分の血漿(けっしょう)です。

血漿は組織液となって細胞に入り込み、栄養分や老廃物の受け渡しを終えると、再び毛細血管に入って静脈に戻りますが、組織液の一部は毛細血管に入らずにリンパ液となり、リンパ管を経て静脈に戻ります。

しかし、何らかの原因で静脈やリンパ液がスムーズに流れずに滞ると皮膚の下に余分な水分や老廃物がたまった状態になり、これがむくみです。

むくみは足だけに限らず全身に起こりますが、足がむくみやすいのは、心臓から遠く、下方に位置する足は重力によって血液やリンパ液がたまりやすい為です。

全身をめぐった血液は、腎臓でろ過され、細胞から取り込んだ老廃物は不要な水分と一緒に尿として排出されます。

足のむくみ3

むくみの原因その1.生活習慣

日常的に起こる足のむくみは、多くが生活習慣が原因です。

立ちっぱなしや座りっぱなしで足がむくむのは、立ちっぱなしで足が歩かない状態や、座りっぱなしで足が動かない状態だと、ふくらはぎの筋肉も働かない為、足にたまったリンパ液の流れが改善されない為です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、筋肉を収縮することによって血液を循環させるポンプの役割も果たしています。しかし、立ちっぱなし、座りっぱなしで足を動かさないので、ポンプの役割が果たされません。

また、運動不足も足を動かさないのでむくみの原因となります。さらに運動不足によってふくらはぎの筋肉が衰え、ポンプ機能も低下し、よりむくみやすくなります。

足のむくみ2

その他に、冷えも血流が悪くなってむくみにつながります。

食事で塩分の摂りすぎもむくみの原因となります。塩分を摂りすぎると血液や組織液の濃度が高まります。すると、脳が体に水を溜めこんで塩分濃度を薄くしようと働きかける為、体内の水分量が増えて、足もむくみます。

これら生活習慣が原因のむくみは、特に心配ありません。一過性で、腎機能に問題がなく正常に水分が排泄されていれば、夜、体を横にしている間にほとんどが改善されます。

スポンサーリンク



むくみの原因その2.全身の疾患

一過性のむくみでないものは、全身の疾患が原因と考えれます。

腎疾患だと尿を排泄しにくくなり、肝疾患だと血管内外の水分バランスを保つアルブミンが低下してむくみを引き起こします。

心不全だと、心臓が血液を十分に拍出できず、全身の血流が悪化して水分が体にたまります。

これらの疾患が原因のむくみは、全身がむくみますが、やはりむくみがひどいのは下半身です。

むくみ以外にも症状が現れ、恐らく治療を始めている場合がほとんどだと考えられますが、まれに何らかの疾患の症状が現れる前に、むくみだけが現れ、一晩寝ても改善しない場合は、内科、循環器科などを受診して下さい。

病院2

こむら返りの正体は、原因は?

ふくらはぎの筋肉である腓腹筋(ひふくきん)やひらめ筋がけいれんを起こした状態をこむら返りと言います。

こむら返りが起こるメカニズムは解明されていません。ただ、病気など、何らかの疾患と関係ないがないものは、むくみのせいで筋肉に老廃物が溜まっていたり、激しい運動をして筋肉に疲労感が残っていたり、冷えによる血行不良があったりすると起こることが多いようです。

その他にも、筋肉の収縮のコントロールに関わるマグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル不足も、こむら返りの要因になると考えられています。

塩

何らかの疾患が原因となるこむら返りもあります。

腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを患っていると、脊柱管の中の神経が圧迫され、腰痛、足のしびれの他に、こむら返りの症状が現れることもあります。

また、糖尿病で高血糖状態が続くと、ミネラルバランスが崩れやすくなり、こむら返りを起こしやすくなります。

また、妊娠中にもこむら返りが起こりやすいと言われていますが、妊娠中はおなかが大きくなり、下半身を圧迫して足の血行が悪くなる為です。

妊婦1

こむら返りの対処法

こむら返りに突然襲われると、その激痛にしばらく苦しめられますよね?こむら返りが起きた時、痛みを和らげる対処法は以下の通りです。

・筋肉をゆっくり伸ばす
長座してひざを軽く曲げ、こむら返りが起きた足の爪先を手でつかみ、ゆっくりと体の方に引っ張って、収縮したふくらはぎの筋肉を伸ばします。

アキレス腱を伸ばすことを意識し、ゆっくり伸ばすのがポイントです。急いで無理に強く伸ばすのばNGです。

・ふくらはぎを温める
こむら返りの痛みを和らげる時は、冷やすより温める、です。温めることで血行がよくなり、痛みが和らぎます。

温める前に、まずはストレッチで痛みを抑え、その後に、足湯をする、もしくは蒸しタオルを作ってふくらはぎを温めるようにします。

ふくらはぎマッサージ1

足がむくみやすい、よくこむら返りが起こる、というのは体質も関係しています。むくみやすい体質の方は、普段からふくらはぎのストレッチをしたり、マッサージでリンパ液を流したり、着圧ストッキングを着用するなども有効です。

スポンサーリンク