血尿が出る、排尿時に痛みがある、これらの症状は膀胱炎?治療法とは?

血尿が出る、排尿時に痛みがある、トイレの回数が増えた、これらの症状が現れた時、膀胱炎が疑われます。

トイレ

膀胱炎には主に2つのタイプがあります。それぞれの膀胱炎の原因や治療法などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




膀胱炎のタイプ

膀胱炎には主に2つのタイプがあります。1つは細菌性膀胱炎、もう1つが間質性膀胱炎と呼ばれるものです。

膀胱炎のほとんどが細菌性膀胱炎で、抗菌薬の服用で治りますが、間質性膀胱炎だと、細菌性ではない為、抗菌薬では治すことができません。

トイレに座る1

細菌性膀胱炎の原因

細菌性膀胱炎は、膀胱が細菌に感染する事が原因で引き起こされます。細菌で多いのが大腸菌で、尿道口から尿道を経て細菌が膀胱に侵入します。尿中で大量に増殖すると膀胱の粘膜に炎症が起き、発症します。

膀胱炎を発症するのは、男性に比べると女性の方が多いですが、女性は尿道口が肛門近くにあるため大腸菌などに触れやすく、また、尿道が男性に比べて短い、という体の構造上の為です。

 ウイルス2

細菌性膀胱炎の症状

細菌性膀胱炎は、主に以下の症状が現れます。

・トイレに行っても、またすぐに行きたくなる(頻尿)
・排尿後にスッキリしない(残尿感)
・排尿時に痛む(排尿痛)
・血尿
・尿が白く濁る

頻尿や残尿感が起こるのは、炎症によって膀胱の知覚が過敏になる為です。炎症が膀胱の出口近くにあると、排尿の終わりに痛みが現れます。

炎症のせいで血尿が出たり、膿が混じって白く濁ることもあります。

スポンサーリンク



トイレを我慢すると膀胱炎になるのは本当?

トイレに行くのを我慢すると膀胱炎になる、と言われることがあります。トイレを我慢するだけでは膀胱炎になることはありません。

細菌性膀胱炎は、膀胱が細菌に感染して引き起こされますが、細菌が膀胱に侵入したら必ずしも膀胱炎になる訳ではありません。

膀胱内で細菌が大量に増殖して、炎症が起こる前に排尿すれば膀胱炎にはなりません。ですが、トイレに行くのを長時間我慢していると、細菌がどんどん増殖して発症のリスクを高めてしまいます。

NO

細菌性膀胱炎の予防法、再発予防法

細菌性膀胱炎は、膀胱が細菌に感染して引き起こされる為、予防するには、細菌に感染させないことが大切です。具体的には、以下の点に注意するようにします。

・排尿、排便後、前から後ろに拭く
・生理中、ナプキンをこまめに取り替える
・トイレを我慢しない
・性交後、早めに排尿する
・疲れをためない

排尿後、排便後、尿道口を汚さないようにする為に、前から後ろへ拭く習慣をつけるようにします。また、拭き残しも膀胱炎の原因になるので注意が必要です。

月経血を吸収したナプキンは細菌が繁殖しやすい状態になっています。その為、量が少ないから、などという理由で長時間取り替えないのはNGです。量に関係なく、こまめに取り替えるようにします。

性交はデリケートゾーンに細菌が付着しやすい行為です。その為、なるべく菌の排除を早くする為に、性交後は早めに排尿するようにします。

膀胱炎は、疲労や睡眠不足などで免疫力が落ちている時に発症しやすいです。日頃から十分な休養と睡眠を取って、免疫力を維持しておくことも大切です。

睡眠

細菌性膀胱炎の治療法

細菌性膀胱炎の治療は、薬物療法がメインとなります。

使用する薬は抗菌薬で、通常は3~4日の服用で完治します。1~2日程度で症状が消えることもありますが、症状がなくなっても膀胱には細菌が残っていることもある為、自己判断で勝手に服用をやめたりせず、処方された分はしっかり飲み切ることが大切です。

自己判断の中途半端な抗菌薬の服用は、膀胱炎を繰り返す原因にもなります。

抗菌薬の服用以外には、水分をたっぷり摂取することも大切です。膀胱炎かな?という症状が現れたら、病院を受診する前から、水分を多めに摂る事を意識して下さい。

薬6

膀胱炎は何科を受診?

膀胱炎が疑われた場合は、泌尿器科を受診しますが、泌尿器科以外にも、内科婦人科でも診てもらうことができます。

間質性膀胱炎の原因

間質性膀胱炎は、膀胱炎の中でもまれな膀胱炎のタイプで、10%にも満たないと言われています。

膀胱の粘膜の下にある間質という部分に慢性の炎症変化が見られる為、間質性膀胱と呼ばれていますが、詳しい原因はまだわかっていません。

早いと20代で発症し、ゆっくり進行していき、中高年になって診断がつくことが多く、初期にははっきりした症状が出る訳ではないので、細菌性膀胱炎と間違われるケースもあります。

間質性膀胱炎の症状

・排尿の最後が痛い
・排尿すると痛みが和らぐ
・抗菌薬を飲んでも効かない
・夜間も排尿の為に何度も起きる

間質性膀胱は、膀胱の粘膜が破綻した部分から尿が染み込んで知覚神経を刺激します。その為、尿が膀胱にたまると痛みが和らぐので、尿がたまる前に出そうとして、頻尿が起こります。

細菌性膀胱炎と違い、夜間にも頻繁にトイレに起きることも特徴で、診断の決め手となります。

医者1

間質性膀胱炎の治療法

間質性膀胱炎は、当然、抗菌薬が効きません。その為、治療法は外科的治療となり、レーザー治療、水圧拡張術のどちらかがメインとなります。

・レーザー治療
間質性膀胱炎の5~10%に見られる、膀胱の粘膜層にできるビロード状の赤くただれた潰瘍のハンナー潰瘍を電気メスやレーザーで焼灼する治療法です。

病変部分を破壊することで、粘膜の再生を促します。1泊2日程度の入院で行います。

・水圧拡張術
膀胱に生理食塩水を注入し、水の力で風船を膨らますように膀胱を拡げます。同時に炎症で線維化した病変を隔離させ、粘膜の再生を促します。

蓄尿量が増え、頻尿や下腹部痛の改善が見込める治療法で、1泊2日程度の入院で行います。

病院2
膀胱炎かも?と、自覚症状があっても、泌尿器科を受診するのが恥ずかしい、という方も多いようです。細菌性膀胱炎なら、抗菌薬を飲めば数日で治るので、1日も早く辛い症状から解放される為にも、早めに医療機関を受診することが推奨されます。

スポンサーリンク