子どもの食物アレルギー対策法、離乳食で卵は遅め、早め、どっち?

食物アレルギーの子どもが増えているそうで、子どものアレルギーの研究も進み、これまで常識だと考えられていた対策法も変わりつつあるようです。

離乳食2

子どもの食物アレルギーの正しい対策法について、詳しくまとめました。


スポンサーリンク




子どもの食物アレルギーの原因

食物アレルギーのある子どもが増加する傾向にあり、特に1歳未満の乳児には約10%にあると言われています。年齢とともに治ることも多いですが、幼児や小学生でも食物アレルギーのある子どもは少なくありません。

食物アレルギーの原因で多いのが、卵、牛乳、小麦です。この3つが70%以上を占めています。

その他には、ピーナツや果物類、魚卵、甲殻類などがあります。

生卵1

アレルギーの症状

食物アレルギーの症状には、

・じんましん、かゆみなどの皮膚症状
・目のかゆみ
・口の違和感
・くしゃみ
・せき
・腹痛
・吐き気

などがあり、最も多いのがじんましん、かゆみなどの皮膚症状です。

スポンサーリンク



子どもの食物アレルギー対策

子どもの食物アレルギー対策では、

1.離乳食を遅らせない
2.食物除去をしすぎない
3.アトピー性皮膚炎との関係をよく知る

の3つがポイントとなります。

1.離乳食を遅らせない
以前は離乳食を始める際、食物アレルギー予防として、卵など、アレルギーが出やすいものを遅らせる傾向にありましたが、最近の研究で、離乳食で食べるのを遅らせても予防策にはならない、ということがわかってきました。

むしろ、色々な食物を早くから食べている子どもの方が、食物アレルギーが少ない、という報告もあります。

私たち人間の体には、食物を口から摂ることで、「この食べ物は大丈夫なもの」と学習し、異物として排除せずに体に取り込む免疫寛容という学習能力が備わっています。

特定の食べ物を食べさせないままでいると、この免疫寛容の学習ができず、その食物に対して食物アレルギーを起こしやすくなることもある、と考えられています。

その為、アレルギー予防の為に、と特定の食べ物を遅らせるのは逆効果になります。

ただ、湿疹、アトピー性皮膚炎などがある赤ちゃんは、食物アレルギーになりやすいことがわかっているので、離乳食でアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。

離乳食を始める前に、アレルギー専門医に相談することが推奨され、離乳食を始める際も、少量から慎重に始めるようにします。

離乳食3

2.食物を除去しすぎない
食物アレルギー対策の基本となるのが、原因食物を除去することですが、本来は食べられる食物まで除去していることがあり、過度な除去は子どもの発育に悪影響を及ぼす恐れもあります。

アレルギーの原因食物を調べる為に、一般的には血液検査が行われますが、陽性の判定が出ただけでは、断定はできません。

その為、陽性の判定が出た食物でも、ごくわずかを口にして反応を見て確認する食物経口負荷試験を行います。

ごく少量から始め、徐々に量を増やし、実際にアレルギーを起こすかや、アレルギーを起こす量を知ることができます。

食物経口負荷試験は、食物アレルギーの治療経験が多い専門医がいて、万が一、アナフィラキシーショックが起きた時でも、緊急対応できる医療機関で実施されています。家庭では行わないようにして下さい。

また、食物アレルギーを起こすのは、1、2種類の場合がほとんどで、さらに年齢とともに原因となる食物の食べられる量が増え、自然と治っていくことが多いです。その為、定期的に食物経口負荷試験を受けることが推奨されます。

医者2

3.アトピー性皮膚炎との関係を知る
食物アレルギーとアトピー性皮膚炎と合併するケースがよくあります。以前は、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因、と言われることもありましたが、そうしたケースは少ない、ということがわかっています。

現在は、アトピー性皮膚炎が、食物アレルギーの原因になる、という説の方が有力になっています。

食物アレルギーの原因となる食物を、本人が食べていなくても、周りのひとが食べていると、その成分が室内のほこりなどに含まれていることがあり、皮膚から食物の成分が入りこみ、免疫細胞が異物とみなして、その成分に対してアレルギーを起こすことがあるのです。

離乳食を始める前に、アトピー性皮膚炎を発症していると、赤ちゃんの皮膚に食物の成分がついて侵入し、その食物をまだ食べていなくても、食物アレルギーを起こす準備ができ、離乳食を開始いた時に、アレルギー症状が出る、と考えられています。

食物の成分が入り込むのは、ほこりだけではありません。母親の手、母乳、マッサージに使用するピーナッツオイルなどから侵入することもあります。

子どもがアトピー性皮膚炎を患っている場合は、保湿剤、ステロイド外用薬でしっかりスキンケアを行い、皮膚のバリア機能をしっかり回復させることが重要です。

眠る赤ちゃん1

血液検査で陽性の判定が出ると、心配で陽性判定が出たものはすべて取り除く、という方は少なくありません。ですが、実際にはアレルギーの原因でないことも多い為、子どもの成長を妨げない為にも、過度に食物除去をしすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク