ノロウィルス、治療せず放置するとどうなる?家での過ごし方は?

ノロウィルスは強い感染力があり、冬に感染が増えます。小さな子どもや高齢者など、抵抗力が弱い人に感染すると、症状が長引くことがあります。

ウイルス2

ノロウィルスの感染経路や潜伏期間、症状や予防法、さらに病院で治療を受けず放置するとどうなるか?などについて詳しくまとめました。


スポンサーリンク




ノロウィルスの感染経路

ノロウィルスは、毎年冬になると感染が増え、流行期は11~3月です。

この時期に流行する理由ははっきりとはわかっていませんが、ノロウィルスが低温や乾燥に強い為に、冬は長く生きられることや、かきなどの二枚貝を生で食べる機会が多いことなどが理由として考えられています。

ノロウィルスの感染経路は主に、食べ物を介した感染と、人から人への感染の2つです。

・食べ物を介した感染
ノロウイルスに汚染された食品を、生のままや、十分に加熱しないで食べることで感染します。

特に牡蠣は、ノロウイルスをためやすく、牡蠣からの感染が多いです。その他にも、ノロウイルスを含む吐瀉物や便で汚染された手による収穫や加工、調理の際に食品が汚染されることもあります。

・人から人への感染
ノロウイルスに感染した人が吐いたもの(吐瀉物)や、便に触れた手を介して、ノロウイルスが口から体内に入ることで感染します。

また、ノロウイルスに感染すると、突然滝のように嘔吐する為、近くにいる人がそのしぶきを吸い込んで感染することもあります。

感染者が使ったトイレ、洗面所、ドアノブ、食器などから感染することもあります。

%e7%89%a1%e8%a0%a31

ノロウイルスの潜伏期間と症状

ノロウイルスの潜伏期間は、感染してから1~2日程度です。

主な症状は、

・強い吐き気
・嘔吐
・下痢

などで、増殖したノロウイルスを体外に排出しようとして、このような症状が起こります。

嘔吐や下痢は、多くの場合が1~2で治まり、自然に回復しますが、乳幼児、高齢者などの抵抗力が弱い人に感染すると、症状が長引くことがあります。

嘔吐、下痢を繰り返して脱水症状になったり、高齢者の場合は、嘔吐物が誤って肺に通じる気道に入り、誤嚥性肺炎を起こしたり、のどに詰まらせて窒息を起こすこともあるので注意が必要です。

下痢と嘔吐がひどいと、半日程度でも脱水に陥ることがあります。

・尿が半日以上出ない
・尿の色が濃い
・唇がカラカラに乾いている

このような場合は、すでに脱水を起こしている疑いがある為、救急外来を受診するようにして下さい。

スポンサーリンク



ノロウイルス、放置するとどうなる?

上でも記述した通り、ノロウイルスに感染すると、強い吐き気、嘔吐、下痢などの症状が現れますが、通常は1~2日で治まり、自然と回復します

その為、脱水に陥る危険性がないなど、症状が軽い場合は、特に病院を受診せずに自宅で安静にしていれば、2~3日で症状が治まります。

自宅で安静にする際は、嘔吐が治まって水分が摂れるようになったら、脱水を防ぐ為に、経口保水液、スポーツドリンクで、少量ずつ、こまめに水分、電解質を補給していきます。

水1

ノロウィルス、病院受診の目安、治療法

ノロウィルスに感染しても、脱水の疑いがない場合、症状が軽い場合は、自宅で安静を保てば自然と回復しますが、以下のような症状が見られる場合は、医療機関を受診するようにして下さい。

・嘔吐が1日以上続く
・尿が出ない

脱水症状があると点滴によって水分補給が行われ、嘔吐が続く場合は吐き気止めの坐薬が使われます。

病院2

ノロウィルスに下痢止めは使ってOK?

ノロウィルスの症状は、激しい嘔吐、下痢ですが、決して自己判断で下痢止めを使用しないで下さい!!

下痢止めを使用すると、腸の動きが抑えられて、ウイルスが排出されにくくなり、治りが遅くなります。

下痢になるのは、体の中のウィルスを体外に排出しようとしているので、無理に下痢を止めるのはNGです。

薬1

ノロウィルスの予防法

ノロウィルスの感染を防ぐ為には、以下のことを徹底するようにします。

・手洗い
水で洗うだけでなく、せっけんをつかってしっかり洗うことが大切です。特に調理や食事の前、トイレの後、おむつ交換の後、汚物処理の後などは、念入りに手洗いをするようにします。

指輪、時計をつけたままの手洗いは、洗い残しの原因となる為、はずしてから洗うようにします。

せっけんでしっかり手を洗った後、最後に蛇口もせっけんで洗い、ペーパータオルなど、使い捨てのもので手を拭くようにします。

・食品、調理
二枚貝を調理する時、特に注意が必要です。加熱調理をする場合でも、調理の際にまな板や包丁などの調理器具にノロウイルスがつく可能性がある為、他の食材を先に調理する、調理器具を分ける、調理器具を洗う、などして、感染を防ぎます。

また、調理後もしっかり調理器具や手をしっかり洗うようにします。

十分に加熱すると、ノロウイルスの感染力がなくなると考えられている為、食品の中心部までしっかり火を通すようにします。

なるべくノロウイルスの流行期には、サラダ、刺身など、生で食べるものは避け、加熱調理するようにします。

%e6%89%8b%e6%b4%97%e3%81%84

乳幼児や高齢者にとっては、ノロウイルスは命に関わる場合もあります。その為、乳幼児、高齢者がいる家庭では、特にふだんからノロウイルスに感染しないよう、予防対策をしっかり行うようにしましょう。

スポンサーリンク