愛知県、名古屋市にある有名な子宝神社(子授け神社)、行き方などを紹介

愛知県内、名古屋市内にある有名な子宝、子授けにご利益があると
言われる神社を紹介します。

こうのとり

普段、不妊治療などでストレスが溜まっている方は、神社に参ることで
心身ともにリラックス効果も期待できますよ。

有名な神社、場所、交通公共機関を使った行き方などをまとめて紹介します。


スポンサーリンク




<名古屋市内の子宝神社>

塩竈神社(しおがまじんじゃ)
所在地 : 愛知県名古屋市天白区御幸山1328
行き方 : 名古屋市営地下鉄鶴舞線塩釜口3番出口より徒歩10分

由来・由緒

愛知郡の豪農山田善兵衛という人によって、陸前国の宮城県国幣中社である
塩竈神社から分霊を賜ったのが始まりで、その後、明治15年10月にこの地に
境内社殿を構えることとなりました。

ご祭神である塩士老翁命は、航海の神・潮路の神とされ、また人は満潮時に
生まれると言われるところから、安産守護神となられたと言われています。
子どもの成長、虫封じのご霊験もあらたかと、人々に篤く信仰されています。

 

伊奴神社(いぬじんじゃ)
所在地 : 愛知県名古屋市西区稲生2-12
行き方 : 名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅1番出口より徒歩10分

由緒・由来

第40代天武天皇の御代(西暦673年)、この地で取れた稲を皇室に献上した際に
建立されたものと伝えられています。「延喜式」に「尾張国山田郡伊奴神社」と
記載される式内社で、また「本国帳」(尾張国の神社名簿)には「従三位伊奴天神」
とあり、1330年余りの歴史を持つこの地方でも有数の古社です。

主祭神の一柱、伊奴姫神(いぬひめのかみ)は大年神の御妃で、子授け、安産、
夫婦円満、家内安全等に大きな御神徳をお授けくださる神様です。

子宝草1

<愛知県内の子宝神社>

桃太郎神社(ももたろうじんじゃ)
所在地 : 愛知県犬山市栗栖字古屋敷
行き方 : 名鉄犬山遊園駅より徒歩30分

由緒・由来

「イザナミノミコトの危難をお助けした」と古事記にある桃の精霊大神実命を
祀り、子どもの守り神として広く崇敬されています。神社周辺には、桃太郎の
昔話を伝える地名が多くあり、鬼退治をした桃太郎はこの大神実命のご化神で
あると伝えられています。

 

大縣神社(おおあがたじんじゃ)
所在地 : 愛知県犬山市宮山3
行き方 : 名鉄楽田駅より徒歩20分

由緒・由来

社伝によると垂仁天皇の時代に尾張本宮山頂から現在の地に移されたそうです。
延喜式内の名神大社で、尾張二ノ宮さまとして崇敬されています。
社殿は三棟造り(正六御殿・渡殿・内院)で、ほかに類をみない特殊な様式で、
国の重文に指定されています。

大縣神社には境内に二つの摂社があり、それぞれご神徳を賜ることができ、
姫の宮が、大縣大神の御子である玉比売命を祀り、古くから安全、子授け、
縁結び、夫婦円満などのご神徳があり女性の守護神として信仰が篤いです。

 

金剛寺(こんごうじ)
所在地 : 愛知県蒲郡市三谷町南山14
行き方 : JR東海三河三谷駅よりタクシーで7分、蒲郡駅よりタクシーで15分
あああああ名鉄バス南山口バス亭下車徒歩すぐ

由緒・由来

弘法大師(お大師様)を宗祖(しゅうそ)とし、高野山金剛峯寺を総本山とする
高野山真言宗のお寺です。安産、子授かり、子育、虫封じ、厄除、交通安全、進学達成、
七五三詣、はら帯、名付け、水子供養のご神徳があります。
弘法山金剛寺本堂は安産・子授かり諸願成就の子安弘法大師像で、標高100mほどの
小高い弘法山頂上にそびえ立ち、東洋一の大きさを誇る子安大師像は、安産・子授かりを
願う方だけでなく、多くの参拝者の目印となっています。
三河一円を見守るように凛としてそびえ立ち、左胸に可愛いい子供を抱え慈愛に
満ちあふれたそのお姿は皆様の心に深く刻まれます。

 

田縣神社(たがたじんじゃ)
所在地 : 愛知県小牧市田県町152
行き方 : 名鉄小牧線田縣神社前駅下車すぐ

由緒・由来

創建は古く、遠く弥生時代にまでさかのぼると言われています。太古この地方一帯に
住んでいた豪族が「母なる大地は乳なる天の恵みにより受胎する」という古代日本の
民族思想により、五穀の豊穣、万物の育成、国土の発展を神に祈ったことが始まりです。

天下の珍祭「豊年祭」で有名で、毎年3月15日に行われるこの祭りは、当日は世界各国
から参拝客が訪れると言われています。

 

近くの神社にお参りに行ったり、気分転換や旅行、観光を兼ねて遠くの神社にお参りに
行ってみてはいかがでしょうか?ストレスは不妊の大敵と言われています。心身共に
リラックスすることで妊娠力が高まる効果も期待できます。

 

 

 

スポンサーリンク