がん封じで有名な寺、岐阜県にある金錫山地蔵寺の行き方、アクセス方法などを紹介

日本全国にがん封じにご利益があると言われる神社や寺はいくつかありますが、
中でも最も有名と言われるのが、岐阜県にある金錫山地蔵寺です。

お寺1

金錫山地蔵寺への行き方、拝観料、見どころなどを紹介します。


スポンサーリンク




日本全国にあるガン封じ寺として最も有名と言われるのが金錫山地蔵寺です。
がん封じ寺として知らない人はいないとさえ言われています。

金錫山地蔵寺(きんしゃくざんじぞうじ)
所在地 : 岐阜県益田群下呂町宮地
行き方 : 中央自動車道中津川ICより車で45分
ああああああJR下呂駅から車で約5分
御本尊 : 延命地蔵願王菩薩
ご利益 : ガン封じ、子ども守護、交通安全

<<由来・由緒>>

約1000年前、山形の出羽三山の一つ、湯殿山の末寺として建立され、その頃は、
湯殿山と称していました。裏山で湧き出ている水は、延命の水と言われ、
すべての願望が叶う水とも言われています。昔この地方に難病(ガン)に
罹る人が多発し、人々は恐れていましたが、この寺で祈祷すると、不思議と
良くなったと言われています。その後、当山に信仰の篤かった源頼朝が
改めて寺を建立した時「金錫山地蔵寺」という名前になりました。

地蔵さまは胎内に純金の錫杖を持った地蔵さまを納めており、内臓の病(がん)を
治し、子どもを守り、道中安全の仏として世に広く伝えられています。

子どもを守ることから、子授け、子宝の御利益もあると言われています。

<<拝観>>
拝観時に、説明を受けた後に胎内湯を頂けます。特別御祈祷希望者は
申し込み用紙に記入します(祈祷料は3000円)。御下がりはありがたい
ガン封じ御守護(お札、お守り、胎内湯)を授与されます。拝観料は無料です。

お地蔵さん1

<<みどころ>>
境内には25体のお地蔵様がお祀りされています。

おさすり地蔵尊・・・当山のご本尊様の「胎内仏」を大きく作ったお地蔵様で、
自分の体で気になる所、痛む所をさすってお参りするおさすり地蔵尊です。

子安地蔵尊・・・この世に生を受けられなかった子を救い、同時に生かされている
子が無事健康に成長するようにお祀りされています。

延命地蔵尊の延命の水・・・内臓から来る様々な難病(ガンなど)に良いお水と
言い伝えられ、延命(健康・長寿)のご利益があると信じられています。
持ち帰りも可能で、ペットボトルも用意されています。

六地蔵尊・・・命あるものに現れる迷いの世界から救いの世界へと導くように
6つの姿に身を変えてお祀りされています。

子育て地蔵尊・・・無事健康に成長できるようお祀りされています。
孕み地蔵尊・・・子宝に恵まれ無事にお産ができるようお祀りされています。

願掛け地蔵尊・・・参拝された方の様々な願い事を掛けられ、住職によって
開眼供養された「願掛け地蔵様」が境内のいたるところのお祀りされています。

無事帰る地蔵尊・・・その昔、道中の災難から逃れられるよう、また
家内円満に過ごせるようお祀りされています(交通安全、家内安全)

 

金錫山地蔵寺は公共交通機関で行くのは難しいので、車で行くのがオススメです。
近くに下呂温泉があるので、帰りに温泉巡りも楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク