高額医療費、出産で帝王切開以外の適応は?申請方法や受け取り時期などのまとめ

妊娠・出産でかかる医療費は健康保険適応外ですが、切迫流産や
切迫早産の治療、帝王切開などは医療費に健康保険が適用されます。

赤ちゃん2

高額医療費は、同じ医療機関で支払った1ヵ月間の保険適用医療費が、
所得に応じた自己負担限度額を超えた場合に、受給できます。
(同一月内に2つ以上の医療機関にかかった場合も条件を満たせば対象)

妊娠、出産で保険がきくケースや申請方法、手続きの流れを紹介します。


スポンサーリンク




<出産、妊娠中の高額医療費が受けられる条件>

妊娠中、出産時、産後に健康保険がきく治療をした人で、1ヵ月の自己負担限度額を
超えた人。(自己負担額は所得によって変わります)

妊娠、出産で保険がきくケース

●妊娠中・・・つわり(重症妊娠悪阻)、切迫流産、流産、子宮頚管無力症、
妊娠高血圧症候群、切迫早産、前期破水、早産、さかごや前置胎盤の超音波検査、
児頭蓋骨不均衡の疑いでX線撮影、合併症、など

●出産、入院中・・・微弱陣痛で陣痛促進剤を使用、死産、止血のための点滴、
吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開、無痛分娩の麻酔(持病で必要な人のみ)
赤ちゃんが新生児集中治療室に入る場合、など

<もらえる金額>

自己負担限度額を超えた額

<手続きに必要なもの、書類>

事後申請の場合・・・高額医療費支給申請書、健康保険証、医療機関の領収書
事前認定の場合・・・限度額適用認定書、健康保険証

<手続きの流れ、申請時期や受け取り時期>

申請方法は2種類あり、切迫早産などであらかじめ入院が決まったら申請する
事前認定と、緊急帝王切開など予期せず医療費が高額になった場合に申請する
事後申請の2種類で、申請方法、申請時期、受取時期が異なります。

事前認定
1.入院予定期間を医師に確認し、申請書をもらい提出
2.加入している健康保険、または役所から認定証が発行される
3.認定証を産院の支払い時に提示する。支払う分は、自己負担限度額と食事代のみ

事後申請
1.医療費の3割を産院の窓口で支払い、領収書をもらっておく
2.加入している健康保険か役所で申請書をもらい、高額医療費の支給を申請
3.健康保険、または役所から高額医療費が支給される(申請から約1~3ヵ月後)

お金1

 

<自己負担額はいくら?>

自己負担額は、その人の所得によって変わります。

低所得者・・・3万5400円
市区町村民税非課税者(標準4人世帯の場合で年収250万円程度以下)で
あること。この場合、非課税証明書を添付するか、非課税であることの
証明が必要になります。

一般所得者・・・8万100円 + α
上位所得者および低所得者に当てはまらない人。夫婦それぞれが健保被保険者
なら、各自の標準報酬月額で、夫婦とも国保の場合は世帯収入でみます。

上位所得者・・・15万円 + α
標準報酬月額が53万円以上。国民健康保険の場合は、被保険者全員の
基礎控除後の所得を合算して600万円を超える場合。夫婦それぞれが
健保被保険者なら各自の標準報酬月額で、夫婦とも国保の場合は世帯収入で
みます。

 

ここで紹介したケースは、一般的なケースで、これに当てはまらない場合も
あるので、事前に調べたり、届け先に確認しておくのがオススメです。

 

 

スポンサーリンク