自転車の危険行為14項目とは?罰則、罰金は、対象となる年齢は何歳から?

2015年6月1日から改正道路交通法が一部施行され、自転車の交通ルール違反の
罰則が強化されることになりました。

違反の対象となるのは危険行為14項目で、これに違反すると、安全講習の受講が
義務化されています。

自転車1

今までは警察に見つかると、注意程度ですんでいたものが、違反扱いとなり、
講習を受ける必要があるので、自転車に乗る機会が多い方は、何が違反になるのか?を
理解して、違反切符を切られないようにしましょう。


スポンサーリンク




<14項目の危険行為とは?>

対象になるのは14項目で、信号無視は当然としても、他の項目は理解できない、
という方もあると思います。詳しく解説するので、正しく理解して、交通ルールを
守って自転車に乗るようにしましょう。

・信号無視
これは当然ですよね。

・通行禁止違反
自転車が通行できるのは、原則として「車道」です。その為、道路標識等で
通行禁止をされている場所は、車だけでなく自転車も通行禁止となります。

・歩行者道路における車両の義務違反(徐行違反)
自転車は車道を走り、通常は歩道は通行禁止ですが、道路標識で通行可と
されている場合、運転者が幼児の場合は歩道を走ることができます。
歩道を走る際は、歩行者に注意、徐行する義務があります。

・通行区分違反
自転車道がある場合は自転車道を走ります。ない場合は車道の左側を、車の流れと
同じ方向に走ります。逆走は禁止されています。

・路側帯の歩行者の通行妨害
路側帯の走行は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で走ります。

・遮断機が下りた踏切への立ち入り
これも当然ですよね。

・交差点での優先道路通行者の妨害など
交差点に侵入する時に、クロスしている道路が優先道路だった場合は、優先道路を
走る車両が優先です。

・交差点での右折車優先妨害など
右折する際は、直進車や左折車の走行の妨害にならないようにします。

・環状交差点での安全進行義務違反など
環状交差点に入る時は、必ず徐行運転で。

・一時停止違反
「止まれ」の標識がある場合は、自転車も車と同じように一時停止をします。

・歩道での歩行者妨害
自転車は車道を走るのが原則ですが、通行可とされているケースでも、
車道寄りを徐行して、歩行者の邪魔にならないようにします。

・ブレーキのない自転車運転
ブレーキがない、正常に作動しない自転車の運転は違反になります。また、
後輪のみのブレーキも違反対象になります。

・酒酔い運転
車と同じで、飲酒後の運転は禁止されています。

・携帯電話を利用しながら運転し事故を起こしたケースなど安全運転義務違反
携帯、スマホを操作しながらの運転の他にも、傘を差しての運転もNGです。
つまり片手運転になるような行為が違反対象となります。

自転車2

実際に対象となる危険行為を見ると、今まで知らなかった!という項目がある、
という方も多いのではないでしょうか?

細かすぎて覚えられない、という方は、まずは原則として、以下の5つを頭に入れて
守るようにすれば、危険行為となる可能性も防げます。

 
 1.自転車は車道を走るのが原則
 2.車道は左側を通行
 3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 4.安全ルールを守る
 5.子供はヘルメットを着用

 
<違反をした時の罰則は?対象年齢は?>

14項目の危険行為を3年以内に2回以上摘発されると、運転者の講習が義務付けられ、
講習は3時間、手数料として5700円が徴収されます。受講命令が出ているにも関わらず、
受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。

対象となる年齢は14歳以上です。

 
スマホを見ながら自転車を走行し、歩行者との接触事故を起こして、相手が死亡する、
という事故も増えています。このような事故を防ぐために、このような交通法が施行
されたのも納得ですよね。

今までは歩行者の方が気をつけていないと、という感じもありましたが、この交通法が
施行されたことによって、安心して歩行者が歩けるようになればいいですが・・・。

 

 

スポンサーリンク