野外フェス、雨が降った時の対策、夏の持ち物、あると便利なグッズなどを紹介

夏に行われる野外音楽フェスは、雨対策が必要です。日本最大規模の音楽フェス、
FUJI ROCK(フジロック)が行われる場所は、新潟県の苗場スキー場で、
山の天気は変わりやすく、気温の温度差も激しい為、雨対策グッズの他にも、
温度差に柔軟に対応できるように、羽織るものなどの着替えも必要です。

野外フェス1

野外フェスの雨対策として、必要な持ち物を紹介します。

 


スポンサーリンク




・レインコート(雨具)
レインコートは上と下が別々になったレインウェアと、ポンチョタイプがあり、
どちらもメリット、デメリットがあります。

上下別のレインウェアだと、下半身も濡れずに済みますが、リュックなどのバッグ類は
濡れてしまいます。また脱着が面倒、荷物がかさばる、という点がデメリットです。

ポンチョタイプは、リュックの上からでもそのままかぶることができるので、カバン類は
濡れずに済みますが、下半身は濡れてしまいます。脱着は簡単で、レインウェアに
比べると荷物もコンパクトになります。

 

・折りたたみイス
晴れている時なら、ビニールシートでOKですが、雨が降った時はそうもいきません。
ずっと立ちっぱなしだと当然疲れてくるので、雨が降っていても、座って休憩できるよう、
折りたたみ椅子があると便利です。

 

・着替え
洋服が濡れたままだと、身体が冷えてきってしまうので、着替えは必要です。
雨が降らなかった場合でも、汗をかくので、上着、下着だけでも着替えは必要です。

・ビーチサンダルなど、靴が濡れた時に履き替えられるもの
レインブーツを持って行く方法もありますが、雨具がポンチョタイプの場合は、
下半身が濡れてしまうので、レインブーツを履いていても、隙間から雨が入って、
濡れる可能性が大いにあります。雨が降ってる間は諦めて、あとで靴を履き替えられる
ように、かさばらないビーチサンダルなどがあると便利です。

・大きなものが入るビニール袋
荷物が濡れないように、また濡れた洋服などを入れる為の大きな袋が必要です。
折りたたみ椅子にスッポリかぶせられるぐらいの大きさだと、椅子も濡れずに済みます。

・貼るカイロ
夏にカイロ?と思われるかも知れませんが、雨に打たれると予想以上に体が冷えます。
厚手の洋服を持っていくよりも、貼るカイロならかさばらずにすみます。腰や肩に
貼るだけで、身体を温めることができます。

大雨1

雨対策として、以上のものは必要最低限、用意しておきたいものです。
もっと快適に過ごしたい場合は、テント、タープなどがあれば最強ですね。

荷物を減らしたい、という思いから、余計なものは持っていきたくない、と思うかも
知れませんが、雨が降っても楽しめるように、最低限の準備はして行きましょう。

 

 

スポンサーリンク