パワーストーンを捨てる、手放す時はどうする?正しい処分方法を紹介

パワーストーンを何らかの理由で手放さなければならなくなった時、処分の仕方が
わからない、どのように捨てたらいいかわからない、という方も多いですよね?

パワーストーンブレス3

ここでは、正しいパワーストーンの処分方法を紹介します。

 


スポンサーリンク




パワーストーンがの色が変わってしまった、欠けてしまった、キズがついたなどした場合、
まずは浄化をしてみます。それでもパワーが戻らない場合は、石のパワーが無くなって
いる可能性があるので、身につけずに大切に保存しておくか、家の庭、もしくは公園の土に
埋めて、石の故郷である土に還してあげるようにします。

石を土に還す時は、「今までありがとう」という感謝の気持ちを忘れないようにします。

屋久島1

また、パワーストーンの力が弱まったのではなく、あなた自身が充分に成長した時、
願いを叶えた時、石のサポートを必要ないと感じた時は、身につけていた石を、友人などに
譲渡してもかまいません。誰かがあなたの石を褒めた時、欲しがった時は、次はその人を
サポートする役割が、その石にはあるのかも知れません。

もうあなたが石のサポートを充分に受けた、自分には必要ないと感じたのであれば、
欲しいと言った人にあげても大丈夫です。あげる前に、しっかり浄化を行ってから、
次の人に渡すようにします。

 

パワーストーンをなくすのには意味はある?

大切にしていたパワーストーンを失くしてしまった時、何か意味はあるの?と思う方も
多いですよね?石を紛失してしまうのは、いくつかの理由があります。

・持ち主とのコミュニケーションの必要性が終わった
・石が現れる時期が早かった
・持ち主の身代わりで、マイナスのパワーを断ち切ってくれた
・願い事が叶った
・粗末に扱って、石が逃げていった

などがあります。

時々、大きな事故にあって奇跡的に助かったけど、パワーストーンが割れた、切れた、
などの体験談を聞くことがありますが、持ち主の代わりに身代わりになってくれているのかも?

パワーストーンブレス1

常に石に対して感謝の気持ち、愛情を持って接するようにすることが必要です。
もし失くしてしまった時は、あまり悲観的にならずに、石の無事を祈るようにしましょう。

 

パワーストーンは、いつもあなたを守ってくれる大切な存在です。ずっと身につけていると、
パワーダウンしてしまうので、定期的な浄化が必要です。石に合わせた最適な浄化法を
選んで、定期的に浄化を行い、石のパワーを保つようにしましょう。
パワーストーンの浄化方法、詳しくはコチラ > パワーストーン 浄化方法

 

 

スポンサーリンク