犬の目やにが出る、涙が多い、白く濁っているなど、症状別の病気のまとめ

犬の目の病気は、かゆみや痛みを伴うだけでなく、重症になったり病気が進むと、
視力に影響することがあり、最悪の場合は失明することもあります。

トイプードル4

目やにが多い目をかゆがる目が前に飛び出ているなど、いつもと状態が違う場合は、
何か目の病気、もしくは他の病気にかかっている可能性があります。

症状別に、考えられる主な病気一覧をまとめましたので、参考になさって下さい。


スポンサーリンク




大至急病院へ行く必要がある症状、病気

症状
・目の異常の他に、けいれん発作などの症状がある
・眼球が絶え間なく震える
・瞳孔が開いたままになる、左右対象でない

考えられる病気
・緑内障
・前庭障害
・脳や神経の障害

症状
・目をひどく痛がる(しきりにまばたきをする、目を細める)
・目が見えていない

考えられる病気
・白内障
・核膜炎
・ブドウ膜炎
・網膜はく離
・緑内障
・目のケガ、異物

※前庭障害は、平衡感覚をつかさどる前庭という部位に異常が起こる病気で、
体のバランスが取れず、つねに首をかしげるようになり、ぐるぐる回って倒れたり
する病気です。老犬に多く発症する傾向があります。

※緑内障や網膜剥離、ブドウ膜炎はひどくなると失明する恐れもあります。

※白内障は、犬には多い病気で、視力が低下し失明する場合もありますが、犬種を
問わず、加齢とともにどの犬にも起こります。

※目にゴミなどの異物が入ってしまった場合、無理にとろうとすると角膜などに
傷をつける恐れもあるので、病院に行って、とってもらうようにしましょう。

チワワ1

症状
・目が目に飛び出ている

考えられる病気
・緑内障
・眼球の脱出

※眼球の脱出は、事故や喧嘩などが原因で、眼球がまぶたの外に飛び出しますが、
シーズーやパグ、ブルドッグなどの短頭種はちょっとした衝撃でも脱出が起こる
ことがよくあります。

パグ1

なるべく早めに病院へ行く必要のある症状、病気

症状
・レンズが白く濁っている

考えられる病気
・白内障
・糖尿病

※糖尿病はオスに比べてメスに発症する確率が高いです。目が白く濁る他に、
のどが渇くようになり、水を飲む量が増え、尿の量も増えます。放置すると
合併症を引き起こし、命に関わることもあります。

症状
・どろどろした目やにが多量に出る
・目が赤くなる
・涙が多く出る
・目にかゆみや痛みがある(目をこすりつける)

考えられる病気
・結膜炎
・核膜炎
・ブドウ膜炎
・目瞼内反、外反
・まつ毛の異常
・流涙症
・チェリーアイ
・ジステンパー
・アレルギー

※目瞼内反はまぶたとまつ毛が内側に巻き込まれてしまっている状態です。
目瞼外反は、あかんべーをしているように外側にめくれてしまっている状態です。
重症であれば、手術で治療するのが一般的です。

※まつ毛の異常は、先天的にまつ毛の生え方が正常でなかったり、生えてはいけない
場所に生える病気で、まつ毛が角膜を刺激して傷つけることもあるので、早めの
治療が必要です。

※涙流症は、通常なら鼻へと流れていく涙が排出できなくなり、絶えずあふれ
出てしまっている病気です。まぶたに炎症が起こる場合もあります。

※チェリーアイは、下まぶたの内側の眼球を保護する巻くにある第三目瞼腺が
飛び出してしまう病気で、様々の目の病気を引き起こすことが多いです。

※ジステンパーはワクチンの普及で流行は下火になってきましたが、感染すると
死亡率の高い恐ろしい病気です。症状としては、発熱して食欲や元気がなくなり、
一旦熱が下がった後、再び発熱し、せきやどろっとした目やに、鼻汁、下痢、
おう吐などの症状が現れます。

ヨークシャテリア1

目の病気は様々です。普段から正常な目の状態を把握し、涙の量や目やにの量など
いつもと違うな、と感じた場合は、早めに病院に連れていくようにしましょう。
目にかゆみがある場合、こすりつけたりして、さらに悪化させてしまいます。

スポンサーリンク