猫のワクチン接種の必要性、3種、4種、5種の費用や受ける時期などのまとめ

猫は予防接種によって防げる病気があるので、定期的にワクチン接種を
受けるように推奨されています。

猫2

ワクチンで防げる感染症についてと、料金、時期などについてまとめました。

 


スポンサーリンク




猫が混合ワクチンで予防できる病気

猫ウイルス性鼻気管炎
猫ヘルペスウイルスによる感染症で、高熱、食欲不振、くしゃみやせき、鼻水などの
風邪の症状が見られます。ご飯を食べられなくなるので、急激な衰弱、脱水症状が
見られることもあります。

猫カリシウイルス感染症
猫カリシウイルスによる感染症で、かかりはじめは猫ウイルス性鼻気管炎によく似た
症状が出ます。進行すると、口や舌に潰瘍ができたり、急性の肺炎を起こして、命に
関わることもあります。

猫汎白血球減少症
猫パルボウイルスに感染することで、白血球が極端に少なくなる病気です。高熱や嘔吐、
食欲不振、下痢、血便、脱水症状などを引き起こします。体力のない子猫の場合だと、
1日で死んでしまうこともあります。

猫白血病ウイルス感染症
発症すると死亡率が非常に高い病気で、リンパ腫、腎臓病、貧血、流産などを引き起こし
たり、免疫力が低下するので、さまざまな病気にかかった時に治りにくくなります。

クラミジア感染症
猫クラミジアによる感染症で、菌が目や鼻から侵入する為、目やにをともなう結膜炎や
鼻水、せき、くしゃみなどの症状が見られます。

猫3

室内飼いでもワクチンは必要?

室内飼いしている猫だと、特にワクチンは必要ないのでは?と考える方も多いと思います。
しかし、猫が他の猫に接することがなくても、飼い主が外から、他の猫のウイルスを持って
きてしまうことがあります。

室内飼いだから感染しない、ワクチンは不要、というのは間違いです。

ワクチン接種の時期は?

子猫は初乳から母親の免疫を受け継ぎますが、離乳が完了すると免疫が薄れてきます。
その為、ワクチン接種は、

●1回目・・・生後2ヵ月前後
●2回目・・・1回目から2~4週間間隔で1~2回の追加接種
●毎年・・・1回追加接種

が理想です。

注射1

混合ワクチンの種類と料金、予防できる病気

3種混合ワクチン 費用は約5500円
猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症

4種混合ワクチン 費用は約7000円
猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、
猫白血病ウイルス感染症

5種混合ワクチン 費用は約8000円
猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、
猫白血病ウイルス感染症、クラミジア感染症。

※猫白血病ウイルス感染症は、接種前に有料のウイルス検査を受ける必要があります。

どのワクチンを接種するのが良いかは、猫の年齢、飼っている環境によって異なるので、
信頼できる獣医さんに相談しましょう

猫1

ワクチンの副作用は?

ワクチンには、副作用があります。人間も予防接種を受けると発熱したり、打ったところが
赤くなるなど副作用が出る事があるように、猫も同様に、副作用が出る場合もあります。

副作用の主なものとしては、発熱、下痢、嘔吐、食欲不振、腫れなどです。
副作用は、特に何もしなくても自然に治まるものもありますが、2~3日経っても症状が
よくならない、悪化している、などの場合は、病院で診てもらう必要があります。

予防接種を受ける前に、獣医さんにしっかり副作用について説明を求め、万が一、
副作用が出た時の対処法をしっかり聞いておく必要があります。

副作用はほとんど出ないから大丈夫ですよ、などと安易に言う獣医は信頼できません。
しっかり説明を求めて、万が一の時に対応できるよう備えが必要です。

病院2

ワクチンは病気にかからないようにするため、病気になっても重症化するのを防ぐため、
室内飼いであったとしても、最低3種混合ワクチンは接種するよう推奨されています。

信頼できる獣医さん、かかりつけの獣医さんに、どのワクチンをいつ受けるかなどを
相談して、大切な猫ちゃんを病気から守りましょう。

スポンサーリンク