猫の尿が出ない、尿に異常がある時の原因や症状別でわかる病気などのまとめ

猫の尿が出ない時や、少ししか出ない時など、尿に何か異常がある場合は、
緊急事態の可能性があります。

猫トイレ1

尿以外の他の症状からわかる、病気などについてまとめました。

 


スポンサーリンク




<症状>

・尿が丸一日出ていない
・ぐったりしている
・嘔吐をともなう
・元気、食欲がない
・尿に血が混じっている

<考えられる病気>

・急性腎不全

尿をつくる腎臓の75%以上の機能がまったく働かなくなった状態を腎不全と言い、腎不全には
急性と慢性のものがあり、急性腎不全の場合は、数時間、数日といった短い期間で、急激に
機能が低下していき、症状が重い場合、進行した場合は死に至ることもある危険な病気です。

突然元気と食欲がなくなり、尿の量が減る、まったく尿が出なくなる、などの症状が
特徴です。嘔吐する場合もあり、脱水症状を起こして体温が下がります。体内に毒素が
蓄積すると、尿毒症を引き起こします。至急病院で受診してもらう必要があります。

・猫下部尿路症候群

猫の下部尿路(膀胱と尿道)の病気の原因はいくつかありますが、原因は別でも
症状が似ている為、まとめて猫下部尿路症候群と呼ばれています。

最も多いのが、膀胱や尿道に無機質の結石ができる病気で、特にオス猫に多く発症し、
結石が尿道につまって尿が出なくなり、尿毒症を引き起こして、命の危険もあります。

尿の回数が減る、血尿が出る、排尿のポーズをとってもまったく出ないなどの症状が
ある時に、この病気が疑われます。

猫1

・尿毒症

腎不全や糸球体腎炎、猫下部尿路症候群などが進行して、腎臓の働きが低下して、
尿素、窒素などの老廃物を尿として体外に排出できなくなると、それらが体内に
たまってしまい尿毒症が起こります。さまざまな症状があらわれて、他の臓器にも
深刻な影響を与え、末期にはけいれんや昏睡などの神経症状を引き起こします。

元気と食欲がなくなり、嘔吐をしたり下痢になります。腎臓の働きが低下して、腎不全に
なっている場合は尿が出なくなることもあります。アンモニア臭のする口臭がする
場合もあります。

尿毒症の症状が現れた時は深刻な状態で、死に至ることも少なくないので、緊急の治療が
必要です。大至急病院で受診をして、輸液を行い、薬物療法、食事療法を進めます。

 

結石ができる原因は?

猫は水分の摂取量が少なくても生きていける動物で、その為、尿が濃く、それが結石の
できやすい原因の一つになっています。

他にも結石ができるのは、食事の偏りが原因となることもあります。結石は核になる
細菌などに尿のなかの成分がくついてできますが、成分の種類は色々あって、猫に
できやすいのは、尿がアルカリ性になってできるストルバイト結石で、7割近くが
この結石と言われています。

ストルバイト結石は、ミネラル分の多すぎる食事が原因になってできることがあり、
他に、尿中のカルシウムの濃度が高くなることが原因で、シュウ酸カルシウム結石が
できることもあります。

結石の種類によって治療法が異なり、食事療法で結石が溶けることもありますが、
結石が尿路をふさいでしまっている場合は、軽い麻酔をかけて尿道に細いカテーテルを
入れて洗浄し、結石を流します。

結石を取り除いた後でも、再発する可能性もあるので、再発防止のための食事療法が
必要になります。

猫3

・腫瘍

腫瘍はがんのことで、良性のものと、悪性のものがあり、悪性だと繁殖し、転移したり
再発を繰り返します。

腫瘍ができる場所によって、症状も様々ですが、腎臓にできる腎型と呼ばれるものは、
尿が出ない、出にくくなるなど、腎不全や尿毒症の症状が見られます。

猫4

猫は腎臓や尿管、膀胱、尿道などの泌尿器の病気に非常にかかりやすい動物です。
特にオスは、尿道が長い為、メスよりも泌尿器の病気にかかりやすいです。

尿の回数が少ない、量が少ない、まったく出ていないなどの症状は、トイレの砂を
よく観察しなければ見落としてしまうので、常に日頃から、猫トイレの砂の状態を
観察する必要があります。

丸1日オシッコが出ていなければ、非常に危険な状態の可能性が高いので、大至急、
病院へ行って受診するようにして下さい。

スポンサーリンク