ディズニーランドのファストパスの仕組みや取り方、攻略法のまとめ2015

ディズニーランドにはファストパスと言って、アトラクションに並ばなくても優先して乗れる無料のパスがあります。

ディズニーランドFP1

ファストパスの仕組みや取り方、効率よく回る為の攻略法などについてまとめました。


スポンサーリンク




ディズニーランドでファストパスを発行しているアトラクション

・モンスターズインク
・プーさんのハニーハント
・スプラッシュマウンテン
・バズライトイヤー
・ビッグサンダーマウンテン
・スペースマウンテン
・ホーンテッドマンション
・スターツアーズ

2015年現在、以上の8つのアトラクションでファストパスを取ることができます。

ファストパスの仕組み

ファストパスは好きなだけ取れる訳ではありません。1枚目はいつでも取れますが、2枚目以降は、前のファストパス発券時間の2時間後~で、3枚目、4枚目も、すべて前の発券時間の2時間後からです。

例外があり、前のファストパスのアトラクションの乗車時間が、発券から2時間以内だった場合は、そのアトラクションの乗車時間以降に取ることができます。

わかりやすく言うと、

1枚目のファストパスを10:15分に取り、そのファストパスのアトラクションの乗車時間が11:15~12:15だった場合は、次のファストパスは11:15以降なら取ることができる、という訳です。

ファストパスは発券時間の2時間刻みで取れるので、より多くのアトラクションに乗るなら、2時間刻みできっちり次のファストパスを取っていくのががオススメです。取る順番、攻略法についてはこのあと詳しく解説します。

案内する女性2

ファストパスがなくなる時間

ファストパスは永遠に取れる訳ではなく、数に限りがあるので、人気アトラクションは早い時間にファストパスがなくなってしまいます。

その為、人気が高いアトラクションに乗るなら、一番最初に人気アトラクションのファストパスから取る必要があります。

現在、ディズニーランドで人気が高いアトラクションは、「モンスターズインク」「プーさんのハニーハント」です。混雑している時だと、10時台にはファストパスがなくなるので、なるべく開園時間に入園して、まずはファストパスを取るのがオススメです。

より多くのアトラクションに乗る為の、ファストパス攻略法

ファストパスは人気のあるものから早々になくなってしまいます。その為、ファストパスを取る順番は、必然的に人気があるものから、が基本です。

ちなみにファストパスがなくなる順番は、多少季節によって変動がありますが、

1.モンスターズインク
2.プーさんのハニーハント
3.スプラッシュマウンテン
4.バズライトイヤー
5.ビッグサンダーマウンテン
6.スペースマウンテン
7.ホーンテッドマンション
8.スターツアーズ

の順番だと思っておいて下さい。モンスターズインクとプーさんは間違いなくツートップで、夏になるとスプラッシュマウンテンの人気が上がります。

以上をふまえて、ざっくりとオススメの取り方をまとめてみると、

●まずは入園してすぐに、モンスターズインクかプーさんのハニーハントどちらかのFPを取る

●2枚目に取るのは、スプラッシュマウンテンがオススメで、運よくモンスターズインクかプーさんのどちらかが残っていれば、迷うことなく取る

●3枚目はスペースマウンテン、ビッグサンダーマウンテンのどちらかを取る

●4枚目はホーンテッドマンションを取る

●5枚目はスター・ツアーズを取る

と、こんな感じ。

日によってファストパスがなくなる時間が違うので、この通りにはいかないこともある事をご了承ください。とにかく人気のあるものからなくなるので、間違っても最初の方に、スターツアーズやホーンテッドマンションを取る、というミスだけはしないように!!

3枚目、4枚目に取れる時間になって、お目当てのアトラクションがすべて終了している、ということになりかねません。

ポイント1

役割分担を決めておく!!

ファストパスは、全員で取りに行かなくても、グループの代表一人が、全員分のパスポートを持って行けば発券することができます。なので、

・ファストパスを発券しに行く人
・アトラクションに並ぶ人

の役割を決めておくのが効率よく回るポイントです。

特に入園直後は、ファストパスを取りに行く人、アトラクションに並ぶ人を決めておいて、別行動し、ファストパスを無事に取り終えてから合流すればムダがありません。ディズニー常連の人達なら、誰もがやっていることです。

すいている時期なら、モンスターズインクもプーさんのどちらもファストパスを取ることができ、並ばずに乗れることもあるかも知れませんが、どちらかをファストパスで乗り、どちらかは並んで乗るのを覚悟しておいて方がいいかもしれません。

ファストパスを上手く利用して、たくさんのアトラクションを楽しんで下さいね。

スポンサーリンク